実力派アニソンシンガー黒崎真音 5周年記念ライブレポート!

デビュー曲やこれまでの軌跡を振り返るVTRによる幕開け!

ステージが暗転し、この日の一曲目として披露されたのはテレビアニメ「学園黙示録HIGH SCHOOL OF THE DEAD」のエンディング曲であり、彼女がアニソンシンガーとして産声を上げるきっかけとなった曲「君と太陽が死んだ日」



黒崎真音
<出典:gunosy.com>




その後、SEとともに彼女のこれまでの軌跡がVTRで流れた後、「とある魔術の禁書目録II」のエンディング曲に選ばれ、1stシングルにもなった「Magic∞world」のイントロで会場は一気にヒートアップします。



黒崎真音
<出典:koepota.jp>





「starry x ray」やテレビアニメ「グリザイアの果実」オープニング曲の「楽園の翼」、「黎明―reimei―」、ゲームソフトのオープニング「十鬼の絆」、「Red Alert Carpet」、「K・O・N?」、「Dresser Girl…」と続き、ライブは中盤へ。

「奈落」などのステージ装置のほか、レーザーやVJを使った光の演出などで楽曲ごとに彼女の歌唱は雰囲気を変えてゆくのでした。


黒崎真音
<出典:gunosy.com>





ライブ中盤では最新シングルも披露!


ライブ中盤では最新シングル「ハーモナイズ・クローバー」を熱唱。「LOVE○JETCOASTER」、「scanning resolution」と続き、「アフターグロウ」と「グリザイアの楽園」オープニング曲「刹那の果実」が披露されました。



黒崎真音
<出典:koepota.jp>






その後「unchain.」やOVA「HELLSING IX」のエンディング曲「SCARS」、「FRIDAY MIDNIGHT PARTY!」と続いていよいよライブも終盤。テレビアニメ「ヨルムガンドPERFECT ORDER」のオープニング「UNDER/SHAFT」や同じくテレビアニメの「東京レイヴンズ」オープニングテーマ「X-encounter」というハードなナンバーで場内のヴォルテージは急上昇。







そして最後はしっとりと「hear…」でライブが締めくくられました。

アンコールでのファンによるサプライズ演出!さらに新しい情報の解禁も! "アンコールで披露されたのは「story~キミへの手紙~」、「Our life Is Our Song」、「VANISHING POINT」。




特に「Our Life Is Our Song」ではファン有志が2000人分のサイリウムを各席に配置、曲の初めに一斉に点灯させました。扇形の客席をいかし、ステージから見るとまさに虹のように見えたこのサプライズは、アーティストにとってとても嬉しいプレゼントとなったのではないでしょうか。


黒崎真音
<出典:gunosy.com>





二回目のアンコールでは「メモリーズ・ラスト」を披露。そしてこの曲の前のMCでは3つの情報が発表されました。

一つ目は、このライブが動画配信サイトから配信されることが決定したこと。二つ目はニューアルバム「Mystical Flowers」が11月にリリースされることが決定したということ。そして最後に、2016年1月に東名阪ツアーの開始とそのチケットのファンクラブ先行の受け付けが開始されたことが発表されました。


黒崎真音
<出典:koepota.jp>








これまでの5年間を凝縮し、新しい未来への一歩を踏み出した!

チケットもソールドアウトとなり、ともに5周年を祝おうと集まったファンで埋め尽くされた今回のライブ。まさにアーティストとファンが一体感を感じるライブとなったようです。


黒崎真音
<出典:koepota.jp>





ソロとしてもALTIMAとしても、日本のみならず世界中で活躍を見せる彼女の活躍が、今後も注目されますね。

コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

アニソン・ゲーソンの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!