今日からサク読み!トレタメアプリ

7,473 views

2018年、お正月公演に続いて登場するのは月組。

トップスター珠城りょうさん率いる月組はフレッシュで個性あふれるあたたかな組です。

公演の演目は、「カンパニー -努力(レッスン)、情熱(パッション)、そして仲間たち(カンパニー)-」とショー・テント・タカラヅカ「BADDY(バッディ)-悪党(ヤツ)は月からやって来る-」。

公演のポスターが出た時の、SNSでのファンのどよめきはすごいものがありました。

中央にサラリーマン姿の珠城りょうさん。

誠実がスーツ着てるよ!!なビジュアルに、ファンはメロメロ。ただサラリーマンの扮装をしただけではなく、内部に潜む珠城さんのぬくもりがにじみ出ており、まさに「こんな男性と結婚したいっ!」。

それでは珠城さんが内に秘めた「結婚したい男」ポテンシャルは一体なんなのでしょうか? 分析していきましょう。

珠城りょうと結婚したい理由その1「誠実さ」

珠様といえば、お芝居でのやわらかな台詞回し、ヒーローが似合うあたたかな存在感、そしてまっすぐな眼差し。

https://twitter.com/Piokoteo/status/901451511611375616

秋から冬にかけて上演された全国ツアー公演「鳳凰伝〜カラフとトゥーランドット〜」のポスターでも、まっすぐな瞳が誠実さを物語っていました。ぐっと心を掴まれた人も多いでしょう。

2017年お正月公演「グランドホテル」では、ちょっと悪い男爵の役でしたが、愛希れいかさん演じるバレリーナと一気に恋に落ちるまっすぐさは、珠城りょうさんそのものでした。

「バラの花束を持っていくからね!」というセリフもちょっぴり舌ったらずで、観客をキュンとさせていた珠様。

何を演じても滲んでしまう「誠実さ」。役者として損な部分もあるのかもしれませんが、これこそが「結婚したい!」と思わせる、珠城りょうさんの魅力なのではないでしょうか。

1 2 3>>

1 / 3

この記事をみんなにシェアする

宝塚歌劇団の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!