今日からサク読み!トレタメアプリ

5,486 views

テニス

テニスとは、プレーヤー同士がネット越しにラケットでボールを打ち合うスポーツです。

打ったボールをテニスコートの中に入れること、1バウンド以内で打ち返す、ボールを打つのはネットを越えてからといった初歩的なルールは分かっていても、具体的なポイントシステムや試合の流れに関してはよく分からないといった声は少なくありません。

そのような方のために、今回はテニスの基本的なルールをご紹介します。

試合やコートの種類

テニスの試合には、シングルスダブルスの2種類があります。シングルスはプレーヤー2人が1対1に分かれて試合を行い、ダブルスはプレーヤー4人が2対2に分かれて試合を行います。また、シングルスとダブルスではコートの広さが異なり、ダブルスの場合はシングルスよりも広いコートを使用します。

テニスの試合で使用されるコートにはさまざまな種類があり、大きく分けると「芝」「土」のコートがあります。コートによってボールの跳ね方や滑りやすさが異なるため、プレーヤーによって得意なコートに違いが見られます。

「タイブレーク」って何?


テニスでは試合ごとに決められたセット数を先取した場合に勝者となります。1セットは6ゲームで構成され、試合の種類によって必要セット数が異なります。例えば、アマチュアでは1セットマッチもしくは8ゲームマッチ、女子プロの大会や男子プロのマイナーな大会では3セットマッチ、男子プロの大きな大会では5セットマッチが一般的です。

テニスのスコアは、0ポイントを0(ラブ)、1ポイントを15(フィフティーン)、2ポイントを30(サーティ)、3ポイントを40(フォーティ)と呼びます。そして、点が入るごとに「0・15・30・40」の順に加算します。そして相手に2ポイント以上の差をつけた状態で4ポイント以上取れば1ゲームを取ることができます。6ゲームを先取できた場合に1セットの勝者となります。

また、両者ともにスコアが3ポイント(フォーティ)に並んだ状態を「デュース」といいます。デュースになった場合、4ポイント目を取っただけではゲームを取ることができません。先にも述べた通り2ポイント以上の差をつけなければならないため、デュースになった場合は相手にポイントを取らせずに先に5ポイント目を先取する必要があります。

kind-of-game-and-coats


試合の基本的な流れ

テニスの試合の流れを簡単にご説明します。まずはプレーヤーのうちどちらが先にサーブを打つか決めなければなりません。そのためにラケットの頭の部分を地面に立て、回転させて倒れた際に表裏どちらになるかを予想する方法か、コイントスを行います。

サーブ権の他にも、レシーブをする権利やコートを選ぶ権利もあり、選択権を得た場合はこの3つのうちどれか1つを選択できます。

先にサーブを打つプレーヤーが決まった後は、そのプレーヤーがサーブすることでゲームがスタートします。そしてどちらかがポイントを取るまでボールを打ち合います。なお、サーブ権は1ゲームごとに交代します。

1 2>>

1 / 2

この記事をみんなにシェアする

スポーツの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!