6,665 views

たぬき一族の愉快な日常と家族愛を描いた『有頂天家族』

『有頂天家族』は2013年に放送されたアニメ作品。

森見登美彦先生初となる動物が主役の小説であり、現在シリーズ2冊が刊行されています。
有頂天家族
出典:©森見登美彦・幻冬舎/「有頂天家族」製作委員会より
アニメを手掛けたのは『true teaes』、『SHIROBAKO』などを制作しているP.A.WORKS。実在する地域をモデルにした風景が得意なP.A.WORKSらしく、京都の街並みが美しくリアルに再現されています。
P.A.WORKSが手掛けたおすすめ作品特集

さらにキャラクターデザインは『さよなら絶望先生』の久米田康治先生が担当。

レトロでかわいらしいキャラクターデザインは、有頂天家族の世界観にマッチしていますね。

『有頂天家族』は人や物に化けることができるたぬきと、空を飛ぶ天狗、人間の三者が共存する京都というファンタジーな世界観が特徴。
有頂天家族
出典:©森見登美彦・幻冬舎/「有頂天家族」製作委員会
有頂天家族 公式HP『第3話』より

そんな独特の世界で、名門たぬき一族の人情と家族愛を描いています。

主人公は下賀神社に暮らすタヌキ一族の三男坊、「下鴨矢三郎」。

ほかにも、自由気ままな弥三郎とは対照的で生真面目な性格の長男「一郎」、井の中の蛙として隠居生活をする次男の「二郎」、そして甘えん坊の末っ子「矢四郎」の4人兄弟を中心に物語が進んでいきます。

本来は相いれないタヌキと天狗、人間たちですが、矢三郎が人間の「弁天」に恋をしてしまったことで、全ての種族を巻き込んだ大騒動に。

アニメ版は、てんやわんやな雰囲気をそのままに、吉原正行監督の手腕によってユーモラスで臨場感のある映像で再現されていました。

1 2 3 4 5>>

3 / 5

この記事をみんなにシェアする

アニメの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!