5,901 views


笑いにゆるさ、高圧的なところも人気の個性派キャラクターたち

基本的には黒子と中学が同じだった天才プレイヤー5名「キセキの世代」に勝利することを目標に進んでいく物語ですが、結末までの過程には様々な試合やそれぞれの物語があります。

中でも人気の高いのは、黒子のバスケ内でも飛び抜けての個性派「緑間真太郎」と「高尾和成」のコンビと、「紫原敦」と「氷室辰也」のコンビ、そして、物語のラスボスとして決戦を戦った「赤司征十郎です。
黒子のバスケ
突き抜けた才能ゆえに敵を失い、お互いが敵になることを決めたキセキの世代ですが、進学先で天才の孤独や傲慢さは成長と共に変化し、新たに見つけた相棒と共に試合相手として立ちはだかります。

神経質でこだわりの強い緑間は、陽気で社交的な高尾や厳しい先輩たちに出会い、連携プレーを見せるまでに。
黒子のバスケ
また、体格に恵まれ努力や執着が不得意な紫原は、秀才で努力家の氷室に出会い足りないものを補うようにチームに溶け込みました
黒子のバスケ
作中後半までほぼ姿を見せなかった赤司は常勝の絶対王者と常人離れしたキャラクターですが、才能だけでなく葛藤や境遇という陰のある姿も人気のひとつです。
バスケットがチームプレイだからこその魅力や王者の陰に惹かれるファンも多いのではないでしょうか。
黒子バスケ

もう一度最初からみたくなる、黒子のバスケ

黒子のバスケ
魅力的なキャラクターの多い黒子のバスケですが、それぞれに注目し見直すと、物語はまた違った表情を見せるのではないでしょうか。
成長や変化など、キャラクターの数だけ発見があるかと思います。

まだ見たことがない人にオススメする時には、このキャラクターに注目してみてと推しメンをすすめるのも良いかもしれませんね。

1 2

2 / 2

この記事をみんなにシェアする

アニメの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!