お酒で体ができている!?木村良平さんの人を好きすぎる生き様とは

お洒落な服にハット姿が印象的な声優・木村良平さん。

trignal secret garage 木村良平 <出典:http://www.animatetimes.com>

彼はなんと3歳から子役として活躍!今も所属している劇団ひまわりに入ろうと思ったのは自分の意思なんだとか。

過去には池袋ウエストゲートパークや金八先生などにも出演しています。

幼い頃から吹き替えの仕事をこなし、過去には同年代の友達のように遊びたいと芸能活動をやめようと思ったこともあったそうですが、演じる楽しさや長く子役を続けてきた自負から子役活動を続け、その後は声優の道を選んだ彼。

長く芸能界に身を置く彼が歩んできた道のりとは?今回はそんな木村良平さんにフォーカスしてみたいと思います!

子役時代から活躍!木村良平さんの基本プロフィール



木村良平さんは1984年7月30日生まれの東京都出身。

同世代の男性声優である江口拓也さんや代永翼さんと三人で「Trignal」というユニットを結成し、男性声優のエンタメ活動レーベル「Kiramune」で音楽活動も行っています。

また4月1日のエイプリルフールのみ、同じ1984年生まれの声優である赤羽根健治さん、小野友樹さん、井上麻里奈さんらとともに「AKBN84」としてニコ生などの活動も行っています。

ハロウィンには本人とわからないほど本気の仮装をしすぎて多くの人から怖いと言われてしまったり、AKBN84を組んでニコ生を行うなど、大人の遊びには全力で楽しむ少年のような心を持った人物です。


次に、木村良平さんの代表作ですが

八軒勇吾(銀の匙 Silver Spoon)
黄瀬涼太(黒子のバスケ)
木兎光太郎(ハイキュー!!)
西見薫(坂道のアポロン)
鹿矛囲桐斗(PSYCHO-PASS サイコパス 2)
などが挙げられます。

青年を演じることが多く、爽やかで高めな少年声が特徴的。

木兎光太郎のような熱血キャラから鹿矛囲桐斗のようなミステリアスなキャラまで、まるでそのキャラが本当に生きているかのような、アニメ作品特有の演技にとらわれない芝居が魅力です。




趣味は酒とごはん!グルメ良平による飯テロが止まらない!?


木村良平さんの趣味は「お酒」と「美味しいごはん」!自分のことを「喋る酒瓶」と表現してしまうほど、木村さんのお酒好きはかなりのもので、業界でもファンの間でも有名です。


美味しいお酒とごはんを嗜みながら、大好きな友人と楽しいひとときを過ごすことが彼の至福の時。

お酒は全般的にどれも好きなようで、食べるご飯に使われている食材の産地に合わせたお酒を選ぶなど彼なりのこだわりもあるようです。

そんな彼のTwitterではしょっちゅう飯テロ祭りが開催。今回はその一部を紹介します♪





思わずこちらもお腹が空いてしまいそうなほど、どれもとても美味しそうなものばかりですよね!




天性の人たらし…広すぎる木村さんの交友関係


頻繁に誰かと楽しく食事をした報告をTwitterで行っている木村さん。プライベート専用のマネージャーが欲しい!と叫ぶほどその予定はぎっしり詰まっているようです。

そんなリア充すぎる木村さんが飲みに出かける交友関係は、大御所と呼ばれるようなベテラン声優から同世代声優、後輩や劇団仲間、出演作品の原作者など実に様々!

以前には、アニメ「LOVE STAGE!!」で共演したDAIGOさんとも食事をしたことを明かしていました。


本来は「人をだます」という意味で使われますが、最近は「誰からも好かれ、周りに人が集まってくる人」という良い意味で使われる「人たらし」という言葉。まさにこの言葉が似合うのが木村良平さんです。

以前、同じKiramuneメンバーである神谷浩史さんから「絶対(いつも)誰かしらとつるんでる」「この辺(同じメンバーの岡本さんや江口さんら)とずっとつるんでるじゃん? 寂しがり屋じゃなかったら、あんなに密に接さない」と言われていた木村さん。

木村さん本人も、誰かと一緒にいることが大好きで、そんな人たらしな木村さんのもとに自然と周りも集まってくる。

木村さんは天性の人たらしであり、寂しがり屋な部分もある可愛い性格なのです。




木村さんの自然なあざとさは普段から?


パンプキンファームの宇宙人 浪川大輔 <出典:http://ameblo.jp>

木村さんの魅力の一つが、本人からにじみ出る自然なあざとさや、ファンとの距離の近さ。ライブなどではウインクや投げキスなどは日常茶飯事。

ライブ会場で自分のファンを見つけると真っ先に指をさして手を振ってくれるなど、木村さんのファンサービスはまさにアイドル並。

しかし、ウインクや投げキスを華麗に決めた後に一人で照れて笑ってしまうあたりに、これらのファンサービスが木村さんの自然のあざとさであることがわかります。

そのあざとさはTwitterでも。想像してください、32歳の男子がこれをつぶやいているなんて可愛すぎませんか?



また、Twitterではファンの方からもらったリプライにも積極的にお返事を返している様子。


このファンとの距離の近さも含めて彼の魅力と言えるでしょう。





役者という言葉が似合う男、木村良平



幼い頃から芝居を続け、自分の道を突き進んできた木村さん。
これは筆者の個人的な意見ですが、木村さんには声優という文字より役者という言葉のほうが似合うような気がします。

声優という職業ながら、あまり自分の出演するアニメ以外の情報や近頃の人気アニメ作品を知らなかったり、芸人のあばれる君を知らなかったりと、世間の流行には流されないマイペースな生き方が印象的な木村さんですが、その生き方こそがかっこいい!

自分流の生き方を貫くと同時に、ファンの方からのリプライで教えてもらうオススメ楽曲などの情報は積極的に取り込むなど、何事にも先入観なく自分の中に取り込んでいく吸収力はすさまじいものがあります。



芝居を愛し、ファンと一緒に楽しいを共有していく。自由でアツく、素敵に生きる木村良平さんのこれからに目が離せない!

コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

アニメ・ゲーム・声優の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!