指揮者上岡敏之の経歴とプロフィールとは!髪型が凄いとの噂

指揮者として常に活躍の幅を広げている上岡敏之さんについて、知っている方も多いのではないでしょうか。

上岡敏之 <出典:www.city.sumida.lg.jp>

彼は特徴的な髪型で知られていて、指揮者としての能力も高い評価を受けています。
そこで、今回は彼の経歴やプロフィール、髪型などについてまとめていきます。

上岡敏之のプロフィール


上岡敏之 <出典:ebravo.jp>

上岡敏之さんは、1960年に東京都で生まれ、普通の家庭で育ってきました。

指揮者として活躍する一方で、ピアニストとしても活躍しており、音楽界から重宝されている存在です。

もともと神奈川県立沼南高等学校に進学していて、1979年に東京藝術大学に入学を決め、音楽の道を突き進んできました。

その当時出会ったマルティン・メンツァー教授の影響が強く出ていて、そこで指揮や作曲、ピアノ、バイオリンなどを学んで行きました。

当時から才能があった上岡敏之さんは、在学中の1982年に安宅賞を受賞し、1984年にはハンブルク音楽大学に留学を決めています。
指揮者としての実力を身に付け、今では歴史に名を残す指揮者の一人となっています。





上岡敏之の経歴


上岡敏之 <出典:ebravo.jp>

上岡敏之が歩んできた経歴は、大学時代から音楽一緒に染まり、指揮者としてだけではなく、一人の音楽家として成長していきました。

1987年にハンブルク音楽演劇大学で室内楽や伴奏の講師として地位を得て、その後も音楽活動を続けていきました。さらには、キール劇場でソロ・レペティートゥアおよび専属指揮者として契約し、さらにています実力を伸ばしています。

1996年~2004年には、ヘッセン州立歌劇場の音楽監督を務め、同時期にノルトライン=ヴェストファーレン州へルフォルトの北西ドイツ・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者に就任。

その後は様々な楽団の音楽監督や指揮者を行い、彼の実績や功績は世界中で認められるようになっていきました。

2015年には新日本フィルハーモニー交響楽団のアーティスティック・アドバイザーに就任するなど、その功績は今後も続いて行くでしょう。

上岡敏之の髪型


上岡敏之 <出典:https://www.triphony.com/concert/detail/2015-12-000246.html>

上岡敏之さんについて話題となっているのが、その髪型について。
彼の髪型は特徴的で個性が溢れるもので、彼が創る音楽とともに、見た人の記憶に強く残るのではないでしょうか。


指揮者として、音楽家として長い歴史の中歩んできた上岡敏之さんは、音楽に精通する偉人として今後も語り継がれていくことでしょう。

現在進行形で音楽界を牽引している人物だけに、今後の活躍にも期待が高まります。

コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

クラシックの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!