19,105 views

美しすぎる歌声とルックスで期待の娘役、真彩希帆さんが大活躍しそうなこれだけの理由

娘役の当たり年と言われる98期生の中で可愛いという称号を持つジェンヌはたくさんいます。

そこに「歌うま」、そしてまっすぐな性格という称号を加えると頭に浮かぶのは…真彩希帆さんではないでしょうか。
数々の性格まっすぐエピソードもあって性格萌えをしてしまうヅカファンが続出中ですが、真彩希帆さんは本業の舞台での実力、存在感もピカイチ!

それでは、気になる真彩希帆さんのプロフィールや活動の軌跡をたどってみることにしましょう。



■関西出身ジェンヌが多い98期生の中で関東出身のまあやさん

埼玉県生まれで関東国際高校出身の真彩希帆さん。

地元関西出身のジェンヌが多い98期生の中で関東出身というのもひとつのポイントです。身長が164cmあるので、娘役の中でも存在感を発揮しやすい恵まれた体型ですね。

2010年に宝塚音楽学校に入学、その2年後の2012年に宝塚歌劇団に入団をしているので先ほども触れたように98期生です。
同期には暁千星さんや星南のぞみさんなどがいる、なかなかスター揃いの世代です。

真彩希帆 <出典:matome.naver.jp>

「まあや」「きーちゃん」という愛称で親しまれていますが、個人的には可愛い苗字だと思うので「まあや」さんという呼び方が好きです。

■透き通るような歌声を大舞台でも堂々と披露

入団時の成績は11番です。スター揃いの98期生にあって11番というのは、かなり成績優秀の逸材であることが分かります。

初舞台は宙組公演「華やかなりし日々」で、2013年には文字通り宝塚の花形、花組に配属されました。
同年に花組公演の「愛と革命の詩(うた)-アンドレア・シェニエ-/Mr. Swing!」に本公演と新人公演の両方に抜擢され、しかもソロのシーンが与えられるという抜擢づくしの演目となりました。

真彩希帆 明日海りお <出典:ink361.com>

透き通るような歌声という評判もある真彩希帆さんだけに、この大役を見事にこなしたことは後のタカラジェンヌ人生に大きく影響することを予感させてくれました。その証拠に、明日海りおさんのディナーショーにも出演して美しいデュエットで観客を魅了してくれました。

2014年には星組に組替えとなって、最新作として「ガイズ&ドールズ」の新人公演への出演が決まりました。

こちらも歌唱力を発揮できそうな演目なので、真彩希帆さんの歌声に注目です!

カテゴリー
タグ 娘役
コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

宝塚歌劇団の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!