今日からサク読み!トレタメアプリ


1万人が熱狂した!「JUST LIKE THIS 2015」ざっくりレポ!

灼熱の暑さの中で行われたSPYAIRの大型野外ライブ「JUST LIKE THIS 2015」。
会場に集まった1万人のファンの前で、彼らは実に見事なライブパフォーマンスを見せてくれました。
SPYAIR 野外ライブ

IKE(Vo)の「行こうぜ富士急!」という叫びとともにかき鳴らされたのは、彼らの代表曲である『サムライハート(Some Like It Hot!!)』。それ以降も『現状ディストラクション』、『Rock'n Roll』というキラーチューンが続き、会場は前半から大盛り上がり。

それから後半にかけても、メンバー全員がかけるこの野外ライブへの思いの強さが溢れていました。
大定番の曲から今までライブで披露されていなかった曲、それから最新シングル『ファイアスターター』、『ジャパニケーション』まで披露。彼らの地元・名古屋での厳しいストリートライブ時代を改めてしみじみと懐古するシーンも。

最後はIKEによる「今回の『JUST LIKE THIS』は終わります。だけどこんなヤバいものが見られるなら、2016、17、18とやっていくべきだよね!?」という言葉とともに放たれた、『JUST LIKE THIS 2015』の熱唱で力強く締め括られました。

 


SPYAIR、彼らのライブの魅力とは?


圧倒的な熱量をもって、地鳴りが起きるほどの激しいライブを見せてくれるSPYAIR。そんな彼らのライブについて、一時期の休止騒動も相まって、たびたびメディアでも取り上げられていますよね。

ライブ後はtwitter上などで、”IKEの素晴らしい声に圧倒されて、後半はずっと涙が止まらなかった”、”真夏があんなに似合う奴らはいない”などと話題に。
SPYAIR IKE

ボーカルのIKEは野外ライブについて”おれらの原点”と語り、”突き抜ける音が一番気持ち居場所で、おれたちの音楽の可能性を届ける”という並外れた強さである気持ちの入れようが、ここまで彼らのライブを魅力溢れるものにしているのでしょう。

 

1 2>>

1 / 2

コメントを見る

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事をみんなにシェアする

関連キーワード 邦楽ロック音楽SPYAIR

邦楽ロックの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!