3,664 views

驚異のロックバンド!ザ・ローリング・ストーンズの活動の歴史とミック・ジャガーの生き様

ザ・ローリング・ストーンズと聞くと何を思い浮かべますか?1962年から半世紀以上もの長い期間、活動を続けている驚異のロックバンドです。そのメンバーの中で最も目を引くのは、ボーカルを担当するミック・ジャガーです。その、ミック・ジャガーについて紹介します。

ローリングストーン <出典:konomi.me>

ミック・ジャガーの生い立ち

ミック・ジャガーは、1943年7月26日にイングランドのケント州ダートフォードで生まれました。幼いときにはローリング・ストーンズの他メンバーであるキース・リチャーズとは知り合い程度であったが、ミックが18歳の頃から互いに知り合うようになり、その後、2人はロンドンに移り住むようになります。

1962年にザ・ローリング・ストーンズと名乗るようになりました。他のメンバーは入れ替えがあったものの、ミックとキースに関しては結成時から今に至るまでローリング・ストーンズを支え続けています。

ローリングストーンズ <出典:thedifferentstagesmusicproject.blogspot.jp>


ローリング・ストーンズの音楽の特色


ローリング・ストーンズのメンバーについて考えてみましょう。そのメンバーはすべて白人なのです。そう、みながイギリスの白人でありながら興味深いことに、その音楽のルーツは黒人音楽のブルースなのです。

ローリング・ストーンズが結成されたのは1960年代で、そのころアメリカにおいては黒人に対する差別が根強い時期でした。こうした時期であるにもかかわらず、黒人音楽であるブルースを尊敬し、自ら吸収し歌や演奏に表現しようとしたのがローリング・ストーンズなのです。

ローリング・ストーンズ <出典:gstslm.blog115.fc2.com>



ミック・ジャガーの人物像

69年には、主要メンバーであるブライアン・ジョーンズがドラッグの影響で死亡しています。また、同年には主催した無料コンサートで合計4人の死者を出しています。さらに、キースに関しては77年にドラッグのため禁固刑になりそうになりました。

このように長い歴史を持つローリング・ストーンズにはたくさんの問題がありましたが、そのような困難にも負けることなく生き残り、世界の頂点に上り詰めたローリング・ストーンズをリードしたミックの偉業は尊敬に値します。

その一方で、ミックは健康オタクとしても知られています。メンバーはみなミックを含め高齢です。ミックは若いときから体力トレーニングをしていましたが、喫煙家でもありました。

しかし、60代になるとタバコがパフォーマンスに影響することに気づき、禁煙家に転向し今に至っています。そのおかげで、もう70歳を超えていますが、キレイでスリムな体型を維持しステージ上でも走り回ることができています。

ローリング・ストーンズ <出典:www.sakketosaggelos.gr>


ローリング・ストーンズから学べること

年齢を重ねることは避けられませんし、何かを行うのであれば上手くいかないことは人生にはつきものです。そうした物事ばかり考えてくよくよしていると人生を楽しめません。しかし、うつむかずに顏を上げて前だけを見て生きていけば、ミックのようにいつまでも元気な人生を歩めるのではないでしょうか。

カテゴリー

この記事を見た人はこんな記事も見ています

ROCKの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!