2015年度宝塚歌劇団の舞台を一覧にしてまとめてみました!

タカスペも近づいてまいりました。今年度の舞台をまとめて振り返ってみましょう。


各組トップスターは?

言わなくてもいいよと言われそうですが101周年の2015年は新トップコンビが誕生した年となりました。各組をさっくり振り返ってみましょう。

花乃まりあ 明日海りお <出典:www.taiwanembassy.org>

花組 明日海りおさん(89期)、花乃まりあさん(96期)

龍真咲 愛希れいか <出典:astand.asahi.com>

月組 龍真咲さん(87期)、愛希れいかさん(95期)

早霧せいな 咲妃みゆ <出典:www.sanspo.com>

雪組 早霧せいなさん(87期)、咲妃みゆさん(96期)

柚希礼音 夢咲ねね <出典:okmusic.jp>

星組 柚希礼音さん(85期)、夢咲ねねさん(89期)が5月にご卒業されて、新トップ北翔海莉さん(84期)、妃海風さん(95期)が就任なさいました。

朝夏まなと 実咲凜音 <出典:www.asahi.com>

宙組 朝夏まなとさん(88期)、実咲凛音さん(95期)

 

年度としては前年度になってしまいますが、宙組も新トップさんが誕生しています。そして、先日龍さんが退団を発表したことで来年度は100周年のトップスターさんが総入れ替えとなりそうです。少し寂しいですね。

2015年度の舞台一覧!


 

それでは本題に参りましょう。どんな舞台が上演されたのか見ていきたいと思います。2015年度ということですので2015年4月からご紹介していきたいと思います。また大劇場での初日を基準といたしますが、東京での公演が4月に被っている場合ご紹介します。

 

バウショーケース 『New Wave! ―宙―』
宙組若手メンバーによるエンターテイメントショーでした。主演は澄輝さやとさん他です(91期)。

 

宙組公演 ミュージカル『TOP HAT』
映画史上最高のダンシングペアと評されるフレッド・アステアとジンジャー・ロジャースが共演したミュージカル映画の代表作です。朝夏さんのタップが上手いと好評の、朝夏まなとさんのトップお披露目公演でした。主演は朝夏まなとさん、実咲凛音さんです。

黒豹のごとく <出典:www.asahi.com>

星組公演 ミュージカルプレイ『黒豹の如く』 ダイナミックドリーム『Dear DIAMOND!!』

柚希さんのために書き下ろされたオリジナルミュージカルで、柚希さん夢咲さんの星組トップコンビの退団公演となりました。主演はもちろん柚希礼音さん、夢咲ねねさんです。

 

雪組公演 ミュージカルロマン『星影の人』 ファンタスティックショー『ファンシー・ガイ!』
雪組得意の日本物で、1976年に灯夏子さん主演で初演され、2007年に水夏希さん主演で再演された名作の再演でした。主演は早霧せいなさん、咲妃みゆさんです。

 

雪組公演 ミュージカル『アル・カポネ ―スカーフェイスに秘められた真実―』
歴史にその名を刻んだギャング、アル・カポネの鮮烈な生き様を描いた作品となりました。主演は望海風斗さん(89期)です。

カリスタの海に抱かれて <出典:kageki.hankyu.co.jp>

花組公演 ミュージカル『カリスタの海に抱かれて』 レヴューロマン『宝塚幻想曲(タカラヅカ ファンタジア)』
人気脚本家、大石静さんが花組のために書き下ろしたオリジナルミュージカル。地中海を舞台にラブロマンが繰り広げられました。明日海さんが男前になったと筆者の周りでもざわざわしていた舞台でした。なおこの公演は花組新トップコンビ明日海りおさん、花乃まりあさんの大劇場お披露目公演でした。

 

星組公演 ミュージカル・ロマン『大海賊』 ロマンチック・レビュー『Amour それは…』
2001年、紫吹淳さん主演で上演された作品の再演でした。17世紀カリブ海で起こる愛と冒険のミュージカルロマン!レビューも2009年に宙組で上演されたものですが、新生星組に合わせ一部リメイクが施されました。この公演は星組新トップコンビ北翔海莉さん、妃海風さんのトップお披露目公演でした。

 

星組公演 ミュージカル『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』
2002年にスピルバーグ監督、レオナルド・ディカプリオ、トム・ハンクスという豪華キャストによって映画化され大ヒットした作品です。2009年にミュージカル化された舞台を宝塚でもやっちゃいました。主演は紅ゆずるさん(88期)です。

1789 ―バスティーユの恋人たち― <出典:kageki.hankyu.co.jp>

月組公演 かんぽ生命ドリームシアター スペクタクル・ミュージカル『1789 ―バスティーユの恋人たち―』
101期生のお披露目公演となったこの作品。ヅカファンにはなじみ深いフランス革命を市民の側から描いたお話です。龍さんが「久しぶりにこんなお衣装着た。なんか研3みたい。」と笑って仰っていたのを思い出しました。シトワイヤンだった龍さんはお衣装がシンプルだったんですね。愛希さんのアントワネットのお衣装にも注目が集まりました。主演は龍真咲さん、愛希れいかさんです。

 

花組公演 ミュージカル『スターダム』
優勝者には歌手デビューの権利が与えられるオーディション番組で繰り広げられる、若者たちと彼らを支えるスタッフたちの姿を描く群像劇でした。主演は鳳月杏さん(92期)で、これがバウホール公演初主演となりました。

 

花組公演 宝塚グランドロマン『ベルサイユのばら―フェルゼンとマリー・アントワネット編―』 レヴューロマン『宝塚幻想曲(タカラヅカ ファンタジア)』
言わずと知れた名作です。この作品で第二回宝塚歌劇団台湾公演を行いました。現地でハーフパンツ姿を披露した明日海さんのおみ足が美しいと話題になりました。主演は明日海りおさん、花乃まりあさんです。

オイディプス王 宝塚 <出典:kageki.hankyu.co.jp>

専科公演 ギリシャ悲劇『オイディプス王』
古代ギリシャ三大悲劇詩人の一人であるソフォクレスが紀元前に書いた戯曲「オイディプス王」を時代を越えて上演しました。主演は轟悠さん(71期)です。

 

宙組公演 三井住友VISAカードシアター グランド・ロマンス『王家に捧ぐ歌』
イタリアの大作曲家ヴェルディのオペラ「アイーダ」を宝塚バージョンとして新たな脚本と音楽で上演したのが2003年、湖月わたるさん主演で星組で上演してから、12年ぶりの再演となりました。新宙組トップコンビ朝夏まなとさん、実咲凛音さんの宝塚大劇場お披露目公演でした。

 

第53回『宝塚舞踊会』

 

月組公演 BOW WORKSHOP『A-EN(エイエン)』
若きスター「A」による「EN」エンターテインメントという意味が込められたタイトルがつけられたミュージカルとショーでした。朝美絢さんがお芝居中で言った「行くぞ!泣き虫プリンセス☆」は2015年の宝塚流行語大賞にノミネートもされていますよね。主演は朝美絢さん(95期)、暁千星さん(98期)です。お二人ともバウホール初主演でした。

 

月組公演 ドラマティック・ドリーム『DRAGON NIGHT!!』
龍真咲さんの3部構成のコンサートでした。亀の扮装をした龍さんにはいろんな意味で衝撃が走りました(笑)

星逢一夜(ほしあいひとよ) <出典:kageki.hankyu.co.jp>

雪組公演 ミュージカル・ノスタルジー『星逢一夜(ほしあいひとよ)』 バイレ・ロマンティコ『La Esmeralda(ラ エスメラルダ)』
江戸時代中期、藩主の息子と身分なき娘との恋を軸に、幼馴染との友情を描いていく切ない物語です。この作品は演出家・上田久美子先生の宝塚大劇場デビュー作となりました。
ショーは情熱をテーマにしたラテンショーです。主演は早霧せいなさん、咲妃みゆさんです。

 

宙組公演 バウ・プレイ『相続人の肖像』
亡き父の不実の愛と、遺産相続を巡る騒動を背景に、貴族の青年の成長をユーモラスに描く作品です。主演は桜木みなとさん(95期)です。

 

宙組公演 サスペンス・コメディ『メランコリック・ジゴロ』 ロマンチック・レビュー『シトラスの風Ⅲ』
陽気なジゴロたちが一攫千金を企む夢物語を描いた作品で1993年に安寿ミラさんにより花組で初演、2008年と2010年には真飛聖主演で再演された作品の再演となります。
レビュー作品として人気の高かったシトラスの風も再演されました。主演は朝夏まなとさん、実咲凛音さんです。

ガイズ&ドールズ <出典:kageki.hankyu.co.jp>

星組公演 ブロードウェイ・ミュージカル『ガイズ&ドールズ』
ミュージカルコメディーの傑作中の傑作と呼ばれている作品です。1984年に大地真央さん、黒木瞳さんにて初演、2002年には紫吹淳さん、映美くららさんにて再演され好評を博しました。この作品で星組新トップコンビ北翔海莉さん、妃海風さんの大劇場お披露目公演となりました。

 

雪組公演 浪華人情物語『銀二貫』
時代小説家、髙田郁氏による「銀二貫」が舞台化となりました。関西弁がとてもかわいい作品でした。主演は月城かなとさん(95期)です。

 

雪組公演 ミュージカル・ロマン『哀しみのコルドバ』 バイレ・ロマンティコ『La Esmeralda(ラ エスメラルダ)』
1985年に峰さを理さん主演により初演、その後も1995年に安寿ミラさん、2009年に真飛聖さんによって再演された作品です。主演は早霧せいなさん、咲妃みゆさんです。

新源氏物語 <出典:kageki.hankyu.co.jp>

宝塚グランド・ロマン『新源氏物語』 グランド・レビュー『Melodia ―熱く美しき旋律―』
1981年に田辺聖子さんの「新源氏物語」をもとに、榛名由梨さん主演で初演、1989年に剣幸さん主演で再演された作品です。ショーは明日海りおさん率いる花組の魅力を躍動的な踊りと歌で綴る作品です。主演は明日海りおさん、花乃まりあさんです。

舞音―マノン― <出典:kageki.hankyu.co.jp>

月組公演 Musical『舞音―MANON―』 グランドカーニバル『GOLDEN JAZZ』
バレエや、オペラ作品としても人気の高い、アベ・プレヴォ作「マノン・レスコー」の舞台を20世紀初頭のフランス領インドシナに置き換え描き出した作品です。ショーは客席参加型のショーとなっています。主演は龍真咲さん、愛希れいかさんです。



来年度も宝塚を楽しもう!!

Shakespeare ~空に満つるは、尽きせぬ言の葉~ <出典:kageki.hankyu.co.jp>

東京宝塚劇場2016年1月3日(日)~2月14日(日)
宙組公演 シェイクスピア没後400年メモリアルミュージカル『Shakespeare ~空に満つるは、尽きせぬ言の葉~』 ダイナミック・ショー『HOT EYES!!』
劇作家ウィリアム・シェイクスピアの没後400年となる2016年の幕開きに、シェイクスピア本人を主人公とした作品を描きます。ショーでは朝夏さんのチャームポイントである瞳に注目した作品が繰り広げられます。主演は朝夏まなとさん、実咲凛音さんです。

 

宝塚大劇場 2016年1月1日(金)~2月1日(月)
東京宝塚劇場 2016年2月19日(金)~3月27日(日)

るろうに剣心 宝塚 <出典:natalie.mu>

雪組公演 浪漫活劇『るろうに剣心』
和月伸宏さん原作の「るろうに剣心 ―明治剣客浪漫譚―」は少年ジャンプにて連載され、アニメや実写映画にもなりました。小池修一郎先生がこの作品の初のミュージカル化に挑みます。主演は早霧せいなさん、咲妃みゆさんです。

 

宝塚大劇場 2016年2月5日(金)~3月14日(月)
東京宝塚劇場 2016年4月1日(金)~5月8日(日)

いかがでしたでしょうか?2015年も終わってしまいますが、素敵な観劇納めは出来ましたでしょうか?これからという方も、もう2015年の観劇納めを終えた方も、是非是非このページで作品を振り返って気になる作品は見てみてください。そして2015年のお気に入りを見つけてくださいね。2016年度は102期生たちが初舞台ですね。それも楽しみにしつつヅカライフをエンジョイしましょう!

葵慎望琴

タグ
コメントを投稿する

1 件のコメント

  • gelato says:

    こうしてみると1年ってあっという間ですね…

    ガイズ&ドールズは本当に最高な作品でした!私にとっては今年いちばんですね。そもそも星組贔屓なので…
    今年も宝塚から目が離せませんね!

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

公演・劇場情報の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!