最強Jrシンメ!いつ見ても安定の松村北斗とジェシーのほくジェコンビ

ドラマ「私立バカレア高校」をきっかけに、京本大我、高地優吾、松村北斗、ジェシー、田中樹、森本慎太郎の6人で結成されたグループ「SixTONES」。

ほくジェ <出典:http://mia0611.blog.fc2.com>

その中でも、グループ結成以前からシンメで踊ることが多く、ジャニーズでの生活をより長く一緒に過ごしてきたのが松村北斗くんとジェシーくんの「ほくジェ」「ほくジェシ」コンビ。

長く一緒にいるからこそにじみ出る、まるで双子のような仲の良さや息の合い方はまさにジャニーズJrの中でも最強のシンメ!

今回はそんなほくジェコンビの仲良しエピソードをまとめ直してみました。





バカレアからほくジェへ…シンメ結成まで


ほくジェ <出典:https://prcm.jp>

いつの間にか「ほくジェ」としてシンメで活動していた印象がある松村くんとジェシーくん。最初の頃はもちろんシンメは結成していませんでした。

ジェシーくんは2006年にジャニーズ事務所に入所。2008年から2011年までは「Hip Hop Jump」というグループで活動。

一方松村くんは2009年にジャニーズ事務所へ入所。入所オーディション翌日にはテレビ出演を果たし、すぐに「中山優馬 w/B.I.Shadow」や「NYC boys」に所属。「B.I.Shadow」として2011年まで活動していました。

これを見ても分かる通り、二人はジャニーズJr.として同じテレビ番組には出ていたものの、直接的な共演は最初はあまりありませんでした。

そんな二人が長く同じ時間を過ごすようになるのが、2012年のドラマ「私立バカレア高校」、通称「バカレア」。今のSixTONESの前身となるいわゆる「バカレア組」の活動がこの頃から活発になり、松村くんとジェシーくんはバカレア組の一員として一緒にステージに立つようになります。

バカレアの放送が終わり、ほどなくしてバカレア組は解体したものの、その後から二人は「ほくジェ」としてシンメでの活動が徐々に増え、この活動は2014年頃まで続いていたようです。

二人がSixTONES以外にほくジェシンメとして積極的に活動していた時期は1~2年ほどになりますが、二人のコンビ人気を加速させたのが、雑誌「明星」で同時期に連載していた「ほくじぇのあいこめ」。

あいこめ 松村北斗 <出典:http://ameblo.jp>

松村くんが悪魔、ジェシーくんが天使となってお悩み解決をしたり、二人で誌面LINEトークを繰り広げたりと、シンメとして活動する二人の仲の良さが垣間見える人気コーナーでした。

連載やテレビ番組撮影、舞台やライブ出演など、シンメとして活動するにあたって自然と一緒にいる時間も増え、松村くんとジェシーくんの距離感は数年で一気に縮まりました。





仲の良さはこんなところにも…?①


ほくジェ <出典:https://prcm.jp>

ほくジェの仲の良さは、二人が掲載された雑誌編集部の裏話にも多数登場。ここではそんな裏話をまとめてみました。











仲の良さはこんなところにも…?②


松村北斗 ジェシー <出典:https://mobile.twitter.com>

ここでも引き続き裏話を紹介。二人のさりげない会話や仕草に仲の良さが伝わってきます。











ほくジェシンメ期おすすめ楽曲


松村北斗 ジェシー <出典:https://prcm.jp>

シンメとして活動していたのはおよそ1~2年ですが、「最強のシンメ」と呼ばれることもあるほくジェの二人。

その理由がわかるおすすめ楽曲を少しご紹介!

①深紅の花(KinKi Kids)

2013年4月10日放送の少年倶楽部にて披露。同年のジャニーズ銀座でも披露。

当時高校生だったほくジェの二人。青年期という、脆くてどこか危うい時間を現在進行形で過ごしている二人だからこそ出せる、セクシーでかっこいいパフォーマンスは必見。

元の楽曲はKinKi Kidsとあり、シンメ曲としてもぴったり!ジェシーくんは熱狂的な堂本剛くんファンとしても知られているので、そこも要チェックな一曲です。

②キミハカルマ(KinKi Kids)

2013年8月14日放送の少年倶楽部にて放送。同年5月1日にもキミハカルマを披露しているようですが、2回目の披露となった8月の放送のほうが人気のようです。

また、深紅の花同様、こちらもジャニーズ銀座で披露。

王子様のような白い衣装のジェシーくんと、黒づくめで布多めのワイルドな衣装の松村くん。

これぞシンメ!と言わんばかりの対象的な衣装で踊る二人が作る世界観に惹きこまれること間違い無し!

ほくジェは二人の仲の良さもさることながら、息が止まるようなパフォーマンスも魅力の1つ。二人が背中を合わせて踊る姿の美しさはもはや芸術。





背中を預ける安心感…ほくジェは永遠です


松村北斗 ジェシー <出典:http://p.twipple.jp>

現在はSixTONESとしての活動が始まっているため、ほくジェとして踊ることはもうなくなってしまいましたが、一瞬の活動に込められた儚ささえもほくジェの良さなのかもしれません。

また、SixTONESとして活動する今も二人の仲の良さは健在!

シンメとして活動していた頃の記憶が体に残っているのか、二人の動きだけがシンクロし、自然と背中合わせで歌っているときもあるそう。

以前SixTONESとして雑誌のインタビューで「ナマケモノ」についての話題になり、ほくジェの二人はナマケモノからは程遠いと発言するメンバーが多い中、ジェシーくんだけが北斗はめんどくさがりだとナマケモノ認定。松村くんも自分だけがナマケモノであることを認め、それ以後の会話は二人しかわからない世界へ。

ほくジェには長年シンメとして活動している期間があった分、二人だけの世界ができあがる瞬間があります。

さらには、ほくジェが載る雑誌に片方が片方に膝枕されている写真が多いのはお互い安心感があるからではないかという噂も存在。

ほくジェとして活動していた期間はけして長くないものの、二人の会話や行動には確かにシンメであった記憶がしっかり残っているのかも?

映画「バニラボーイズ」の共演やSixTONESとしての活動など、ほくジェの活動を終えてさらに前へ進む二人の姿をこれからも追いかけていきましょう!

タグ SixTONES
コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

ジャニーズの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!