今日からサク読み!トレタメアプリ


2度のメンバーチェンジでもなかなか飛躍できず

Bladyは2011年に、フソン、ダレ、ソニョン、カンユンの4人でデビューし、ミニアルバム「Blady1st Time Crazy」を発売しました。翌年にはナヒョンが加入し、5人体制となりました。これが第1期です。
Blady

しかし、なかなか売れず、業を煮やした事務所はメンバー交替に踏み切り、カンユンだけを残し、イェジと2人の在米韓国人、ティナとココを加えました。これが第2期です。このとき発売した「B型女子」は女の子らしい明るい衣装ではつらつと踊り、評判になりました。
この曲だけは売れたものの同時期にデビューしたApinkには大きく水を開けられており、B級アイドルの域から抜け出せない状態でした。

 


2015年にふたたびメンバーチェンジ、もはや別ユニットに


2015年に入りまたまた大幅なメンバーチェンジが行われました。
第2期のティナだけを残し、ガビン、ギル、ダヨン、イェウンの5人となり、これでデビュー当時のメンバーは誰もいなくなり、完全に別ユニットとなってしまいました。しかし、グループ名はBladyをそのまま使っています。
Blady

メンバーチェンジと同時に発売したミニアルバムのタイトルはグループの状態そのものを表す「Renovation」(変革)というもの。ショーケースライブではセクシーな衣装に身を包み、大人の色香を前面に押し出したグループに変貌を遂げていました。

 

1 2>>

1 / 2

コメントを見る

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事をみんなにシェアする

この記事を見た人はこんな記事も見ています

ガールズグループの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!