これで完璧?!初心者向け現在披露されているSKE48おすすめ劇場公演曲

今や人気は全国区となったSKE48。AKBグループ屈指のパフォーマンスで知られる彼女たちですが、テレビの中で見られるパフォーマンスはその一部でしかありません。

SKE48には専用劇場があり、そこで披露される劇場公演曲を通して彼女たちの真のパフォーマンスを見ることができます。ここではおすすめの楽曲を紹介します。



SKE48公演
<出典:jyurinandesu.blog.jp>



初のオリジナル公演『手をつなぎながら』公演

手をつなぎながら公演はSKE48初のオリジナル公演です。この公演のなかでのおすすめは表題曲でもある『手をつなぎながら』です。

SKE48 結成当初はAKB48が以前秋葉原で披露していた公演を「おさがり」という形で披露していたため『手をつなぎながら』公演は初めてのオリジナル公演となるわけです。

「手をつなぎながら」の楽曲自体は講演の3曲目と前半で披露されるのですが明るく元気なパフォーマンスはSKE48らしさが出ている楽曲でしょう。メンバー同士が実際に手をつないでパフォーマンスするシーンは必見です。



<出典:/www.youtube.com>





ドラマの末誕生した『ラムネの飲み方』公演


ラムネの飲み方公演は一部のファンの人にとってはとても思い入れの深い楽曲です。前述した手をつなぎながら公演はチームSのオリジナル公演として披露していましたが、チームSの後に結成されたチームK2にはオリジナル公演がありませんでした。

そこで当時のチームリーダーだった高柳明音がプロデューサーの秋元康に「直訴」し、結果実現したのが『ラムネの飲み方』公演です。

そんなドラマがあったラムネの飲み方公演でおすすめの楽曲は「兆し」です。公演では一番最初に披露される楽曲ですが、他の楽曲には見られない行進しながらのパフォーマンスは見逃すことができないでしょう。



<出典:www.youtube.com>





SKE48の代表公演『制服の芽』公演

この公演はSKE48としては二つ目のオリジナル公演で、作られた当時はAKBグループ史上最も過酷な公演と言われるほど運動量の多いことで知られています。しかし、ある意味ではこの公演がSKE48らしさであるパフォーマンスの凄さをさらに高めたといえるでしょう。

そんな『制服の芽』公演ですがおすすめの楽曲は「仲間の歌」です。コンサートでは必ずと言っていいほど披露されるファンに愛された楽曲です。SKE48の仲間意識の強さを歌詞にのせてのパフォーマンスは、会場全体の一体感を生み出します。




<出典:www.youtube.com>





劇場公演曲でこそSKE48らしさが見える

SKE48は全国区の人気を誇っていますが、SKE48らしさは劇場公演曲の中によく表れています。

SKE48 公演
<出典:www.google.co.jp>

劇場に行かなくてもここで紹介したおすすめの楽曲は聞くことができますが、ぜひ劇場に足を運んで体感することをおススメします。

タグ SKE48
コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

48グループの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!