4,461 views

今注目のスリーピースピアノバンド、WEAVER!その正体とは!?

皆さんはこのWEAVERというバンドをご存知でしょうか?WEAVERは奥野翔太、杉本 雄治、河邉 徹の3名で構成されているスリーピースバンドです。
今回はWEAVERのメンバーのプロフィールと彼らの楽曲も併せて紹介したいと思います


亀田誠治も惚れ込んだ!WEAVERっていったい何者?

WEAVER バンド
<出典:okmusic.jp>

WEAVERは先ほども紹介したピアノ・ボーカル担当の杉本 雄治、ベース担当の奥野 翔太、そしてドラム担当の河邉 徹の3名で構成されるスリーピースバンドです。

全員1988年生まれで河邉さんは関西学院大学、奥野さんは大阪大学を卒業ととても高学歴な方々でもあります。そして注目されているのはピアノを立って弾き語りする姿がYOUTUBEなどのネット上で衝撃を与えています。

また、東京事変でお馴染み亀田誠治ものちにプロデューサーとして参加しています。

WEAVERの持つその魅力とは?


WEAVER
<出典:natalie.mu>

WEAVERの音楽ジャンルはロックですが、ベースの奥野さんは「ジャンルはロックでもポップスでもジャズでもいい」と思っているそうです。

というのも、ロックというジャンルにとらわれず色々なものを吸収していきたいと考えているそうです。また彼らは歌の歌詞をとても大切にしているグループだからこそ人気が出たのではないでしょうか。

例えばWEAVERの配信シングル「僕らの永遠~何度生まれ変わっても、手を繋ぎたいだけの愛だから~」のPVでは歌詞を前面に出した作品になっています。ちなみに歌詞はドラムの河邉さんがすべて担当しています。そしてこの河邊さんはよくインタビュアーの方々にロマンチストであり、センチメンタルな人だといわれているそうです。河邊さんの繊細な感情の持ち主がWEAVERの作る音楽に魅力を与えているのかもしれませんね。

WEAVERの楽曲紹介


WEAVERは2015年11月までに5枚のCDシングル、5枚のオリジナルアルバム、そして1枚のベストアルバムを発売しています。

そんな彼らのファーストシングルである、「Hard to say I love you ~言い出せなくて~」はドラマ「素直になれなくて」の主題歌となり話題になりました。また先ほど紹介した配信シングル「僕らの永遠~何度生まれ変わっても、手を繋ぎたいだけの愛だから~」はLISMO!のCMソングとして使われ多くのテレビ、ラジオで流れました。

これからますます楽しみなWEAVER!

ゲスの極み乙女。、KANA-BOON、SEKAI NO OWARIなど今、多くの若手バンドが世に輩出されていますが、彼らもまたそのバンドブームに乗って今後多くのメディアに現れるのではないでしょうか。

今もなお成長を続けるこの3人組にこれから要チェックです!

カテゴリー
タグ WEAVER
コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

J-POPの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!