5,048 views


礼真琴 / 捲殘雲(ケンサンウン)

星組二番手スター・礼真琴さんが演じるのは、捲殘雲。
狩雲霄に憧れ、付き従っている舎弟で、派手な戦闘・奔放な性格が魅力のキャラクター。丹翡に出会ってすぐアプローチをかけるので、恋敵的な描かれ方をするのかも。
この役が2番手に配されたことで、登場する場面も増えることが予想され、どう描かれるかが気になるところです。

礼真琴さんは、歌も踊りも芝居も、とにかく何でもできる実力派のスター。彼女に演じられることで、捲殘雲は原作以上に魅力的なキャラクターになるはず!
無鉄砲なキャラクターですが、礼真琴さんにとっても珍しい役どころなので、宝塚ファンとしても新たな顔が見られそうです。

阿弖流為出典:©宝塚歌劇団 宝塚歌劇OfficialWebSite 星組公演 『阿弖流為 –ATERUI–』 より
礼真琴さんは、早くから抜擢され、バンバン大きな役を任され、それを見事に演じてきた期待のスター。
その圧倒的実力を感じたいなら、主演公演「阿弖流為」での予習がオススメ。スターとしての存在感、熱いお芝居、そして殺陣の迫力!捲殘雲のアクションが楽しみになりますよ。

また、「めぐり会いは再び 2nd~Star Bride~」ではキュート過ぎる弟キャラを演じていたり、「スカーレット・ピンパーネル」では悪役を演じていたりと、その実力の高さから演じてきた役柄も多彩。
その歌声も武器に、台湾でも美声を轟かせてくれるはずです。

七海ひろき / 殤不患(ショウフカン)

W主人公の1人、殤不患を演じるのは美形の男役スター・七海ひろきさん。とにかく強くて、大人の色気ある殤不患を演じるにはうってつけの存在です。

七海ひろきさんは、丁寧な役作り・繊細なお芝居に定評のあるスター。主演公演「燃ゆる風」では、思慮深く人情に熱い軍師・竹中半兵衛役を熱演し、会場の涙を誘いました。
また、七海ひろきさんは「オタクジェンヌ」の1人で、マンガやアニメに造詣が深いんです!マンガ蔵書も豊富で、役を緻密に研究する姿勢などは、どこか親近感を感じずにいられません。
きっと、殤不患についても役に深く入り込み、見事に作り上げてくれるはずです。
燃ゆる風出典:©宝塚歌劇団 宝塚歌劇OfficialWebSite 星組公演 『燃ゆる風 -軍師・竹中半兵衛-』 より
宝塚で「銀河英雄伝説」が上演された際には、演出家の先生にアドバイスをしたというエピソードがあるほど(ちなみに、ミッターマイヤーを演じています。再演では、オーベルシュタインを熱演!)。

また、現役ジェンヌでありながら、「ノブナガ・ザ・フール」でアニメ声優に抜擢されるなど、異例の経歴の持ち主でもあります。

もちろん、男役としての格好良さも筆舌に尽くしがたいほど。2つの組でキャリアを重ねたこともあり、磨きのかかった男役芸は一見の価値ありです。
ショーでの男役ぶりにも、ぜひ注目を。

また、「Killer Rouge」ではある場面で”女泥棒”に扮します。峰不二子と見紛うほどのセクシーさ、そして男役が女性を演じるからこそにじみ出る色気は必見!宝塚の奥深さを教えてくれるはずです。

星組サンファン/キラルで、宝塚をもっと好きになろう

サンファンキラル出典:©宝塚歌劇団 宝塚歌劇OfficialWebSite 星組公演 『Thunderbolt Fantasy(サンダーボルト ファンタジー)東離劍遊紀(とうりけんゆうき)』『Killer Rouge/星秀☆煌紅』 より
ご紹介したとおり、宝塚×サンファンの組み合わせはピッタリすぎて、傑作誕生の予感がします。
タカラジェンヌの持ち味とキャラクターも当て書きのような似合い具合なので、原作ファン・宝塚ファン両方が楽しめる作品であるのは間違いありません。

「Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀」は、アマゾンプライムビデオなどでも見られるので、観劇前に原作の予習をしておくのもおすすめです!

また、今年大劇場で初演されたショーのブラッシュアップ版「Killer Rouge/星秀☆煌紅」は、何度見ても飽きないクセになるショー。
宝塚らしい魅力満載なので、初めて宝塚を見る人にもピッタリです。

今年一番の話題作といっても過言ではない「Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀」。
見た人だれもが満足する作品になるはず!観劇を楽しみにしましょう♡

著者:海野りんご

1 2

2 / 2

この記事をみんなにシェアする

綺咲愛里

宝塚歌劇団の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!