大人気ゲーム・刀剣乱舞のミュージカル本公演開演前にトライアル公演をおさらいする

特に女性に大人気のブラウザゲーム・刀剣乱舞は、その絶大な人気ゆえに運営開始一周年を待たずして「トライアル公演」という聞きなれない形式でミュージカル化されました。

 

果たして本公演との違いはなんなのか。2016年の本公演が始まる前に、トライアル公演の内容についておさらいしておきましょう!

 

そもそもトライアル公演とは?

漫画やアニメがミュージカル化するというのは今や珍しいことではありませんし、それぞれの作品のファンがその公演を楽しんでいます。
トライアル公演 <出典:www.nelke.co.jp>
このため、世の刀剣乱舞プレイヤーたちはミュージカル化の情報に対して驚喜したものですが、「トライアル公演」という聞きなれない言葉に戸惑った人も大勢いました。

 

と言うのも「トライアル」という言葉は試行やテストを意味しますので、言葉通りに受け止めれば本公演の前に事前テストを行うようなものです。

 

トライアル公演の翌年に本公演が上演されることが決まっていたので、一体どのような内容や仕上がりであるのか検討も付かなかったからです。更に次第に詳細な公演内容が明かされるにつれてその謎は膨らんでいきました。

 


蓋を開けて見ればストーリーや世界観もばっちりだった!


そのような経緯を経たため、人によっては期待と不安も入り混じって始まった刀剣乱舞ミュージカル・トライアル公演ですが、蓋を開けてみればゲームの世界観や登場キャラクターたちをしっかりと反映し、ファンの心を鷲掴みにする出来上がりとなっていました。
刀剣乱舞 <出典:top.tsite.jp>
その内容はなんとミュージカルとライブの二部構成と盛り沢山。まず第一部のミュージカルにおいては、ゲームの中でもおなじみである「室町時代の阿津賀志山(厚樫山)」での戦いへ赴く刀剣男子たちのストーリーです。

 

「歴史修正主義者」によって過去が改変されており、史実では既に死んでいるはずの源義経が生きている「もしも」の世界に到着した刀剣男子の部隊。その中には源義経の守り刀であった「今剣」と、義経の右腕であった武蔵坊弁慶の持つ薙刀「岩融」がいました。

 

かつての主人が生きている歴史をそのままにしたいと願う「今剣」に、歴史を守るのが今の自分たちの役目であると「岩融」が反論し、最終的には喧嘩に発展してしまいます。付喪神として心と体を持った彼らの葛藤や、仲間たちの絆がしっかりと描かれ、涙ぐむファンもいたほどの出来栄えとなっていました。
今剣 岩融 <出典:spice.eplus.jp>

演出もそうだけど噂の「ライブ」も凄かった!

第一部のミュージカルはストーリだけでなく、背面の巨大プロジェクターや光の演出も使った殺陣シーンが素晴らしく、とても「トライアル」とは呼べない仕上がりでもありました。
刀剣乱舞 <出典:deview.co.jp>
キャラクターごとの体格や俊敏性、戦い方の違いもよく活かされていて舞台のどこを見ていいか分からなくなる、という感想を抱いた人も大勢います。

 

そして公演前に物議をかもしていたのが第二部のライブパートです。ミュージカルでキャラクターがコントのような演出をすることは珍しくありませんが、果たしてその出来やいかに?という状態でした。

 

その内容はなんとキャラクターのコスチュームをアイドル風のものに変え、様々な歌をうたい踊るというパフォーマンスショーでした。

 

日本刀の付喪神、という基本を踏襲しているのか和太鼓を使った楽曲もあるなど、決してどこかで見たことがあるような、などとは思わせない綿密な出来栄えで、最初は懐疑的だった人々も終わる頃にはサイリウムを振り回し、熱狂の渦に巻き込まれていたというほどです。

 

刀剣乱舞ミュージカルはまだまだこれから!

最終的には観客たちを大満足にさせた刀剣乱舞ミュージカル・トライアル公演ですが、その結果は大盛況に終わりました。

 

イケメンキャラクターが何十人と登場する作品ですので、今後もまだまだ発展し、時に泣かせ時に笑わせてくれる素敵なミュージカルを見せてくれることでしょう。

 

カテゴリー
コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

2.5次元の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!