136 views

2.5次元に存在する架空の芸能事務所・株式会社サンプロモーション・エンターテイメント(通称:サンプロ)から、ツキノ芸能プロダクションとの新プロジェクト“X Lied Project(クロスリートプロジェクト)”展開のため、サンプロから選ばれた新ユニット『帷[とばり]』(天城士欧/羽柴玄尉)。

彼らはサンプロモーション・エンターテイメントに所属し、ロック系のアッパーな楽曲を基本とする、男性2人組のボーカルユニットで、ユニットが結成されて約1年になります。

そんな彼らのデビューアルバム「序 -ハジマリ-」がいよいよ4月24日にリリースされます。アルバムには3曲の楽曲とともにドラマパートも収録、帷を堪能することができる1枚となっています。

今回は楽曲の収録をキャストのオフィシャルインタビューが到着したので、お届けします。

帷[とばり]



■天城 士欧(あまぎ しおう) AMAGI SHIOU
■CV:中島ヨシキ
■21歳/183cm/B型/7月19日生まれ/イメージカラー:赤+黒+白
強烈な存在感と華のある青年で、サンプロではジュニア時代からエースと呼ばれていた。大人数ユニットのリーダー格になると思われていたが、本人の強い希望により玄尉と2人でユニットを組むことに。自信溢れる落ち着いた言動をする青年だが、少しロマンチストなところもある。世話焼き。

■羽柴 玄尉(はしば くろい) HASHIBA KUROI
■CV:住谷哲栄
■25歳/179cm/A型/12月19日生まれ/イメージカラー:紫+黒+白
大学生時代に友人たちと組んだバンドでサンプロにスカウトされた。彼は作詞作曲を手がけるギタリストだったが、ボーカルのスキャンダルをきっかけにバンドは解散。玄尉自身も1年程表舞台から遠ざかっていた。士欧の強い誘いを受ける形で、彼とユニットを組むこととなる。独特の退廃的な雰囲気と色気の持ち主なのだが、実は色々と無頓着なだけ。生活能力が低い。


『帷[とばり]』とは……
夜の帷(トバリ)に、堕ちてこい

日が沈んで空の色が変わり始めたら、彼らの時間。
ときに甘く、ときに切なく、ときに刺激的な歌声と一緒に……あなたも堕ちてみませんか?

帷 1stミニアルバム「序 -ハジマリ-」楽曲収録後
中島ヨシキさん(天城士欧役)、住谷哲栄さん(羽柴玄尉役)オフィシャルインタビュー


※敬称略





◆「激情ノ彼方」


——収録のご感想をお願いします。

中島:ドラマ収録を経て、帷の二人は明るく楽しくわいわいにぎやかに、という感じの二人ではないんだな、と思ったので、思いがけずロックな楽曲に驚きました。落ち着きのある二人が歌うとこう……すごいですね(笑)。

帷のレコーディング自体はこの曲が初めてだったのですが、僕はたまたま、同じアルバムに収録されるボイスドラマ「胎動」の収録のすぐ後にレコーディングさせていただいたので、演じたキャラクターの雰囲気がどういった風に歌にのるのかなと楽しみに収録に臨むことができました。

ロックって、テンション上がる感じでも、逆にかっこよくキメる感じでも、どうあってもいいのかなと思ったので、まだまだ全貌の見えない帷、そして士欧がどういう歌を、どうやって歌うのかを、これから一緒に作っていけたらいいなという気持ちです。

まずはこれがドンっと出るということなので、かっこよくなればなと……(笑)。

住谷:今日は帷、初の楽曲収録だったのでドキドキしました……! 

ロック系のハードな曲はあまりカラオケでも歌わないので、家で練習してきたのですがやはり不安で……ですが、スタッフの皆さんが気分を乗せてくださって、とても歌いやすかったです!

——楽曲の印象や、聴きどころを教えてください。

中島:僕の方が、レコーディングが先だったのですが、住谷くん演じる玄尉と一緒に歌った完成形が、レコーディングの段階から楽しみだなと思える曲。

おっかけとか、コールとかもあるので、皆さんの前で歌う機会があったら、たくさん盛り上がってほしい……シンとならないで欲しいな……(笑)。

「wowwow」とか、一緒にやりたいです。あとは、サビの歌詞が、玄尉、ないし帷のことを歌っているのかなと思っていて、ロックに暗いことを歌う、そのもがいているような感じがいいなって思います。

住谷:すごくキャッチーだな、というのが第一印象です! 

「wowwow」という合いの手など、ライブで皆さんと盛り上がるためにある曲だなと思いました。皆で一緒に歌って盛り上がるのが想像できますよね。歌う前に「まずはこの曲で盛り上がってくれたらうれしいです!」って曲紹介しそうなイメージです(笑)。

途中のラップの部分とか、ヘドバンできそう。ライブなどで披露することがあれば、会場で一体になれたらいいなと思う曲です。

◆「Real in the dark」


——収録のご感想をお願いします。

中島:僕のレコーディングの順番が、「激情ノ彼方」、「孤夜の共鳴」、最後に「Real in the dark」だったので、個人的にはこれまでの流れで押せ押せで行こうかな? と思ってたんですけど、ちょっと引いてみたほうがいいのかな? と。

玄尉が収録していたので、玄尉に合わせて寄り添ってみるのか、戦ってみるのか……二人のユニットなので色々やりようがあるなと模索しながら歌いました。今回は玄尉の声を聴きながらの収録で、住谷くんとは顔を合わせて日が浅いんですけど、単純に声がかっこいいなと思いました、ははは(笑)。

音が響く、低音がかっこいい。見た目はシュッとした方ですけど。今回はバランスを取る側に回りましたが、もうちょっと士欧のあくが強くてもいいのかなと思う部分もあるので、今後そういう曲もあったらいいなって思います!

住谷:今回のアルバムの中で、一番難しかったかもしれません。自分の歌い方の癖を改めて自覚したなぁと……。

楽譜はあまり読めないので、レコーディング前は音を聴いて練習しているのんですが、「次の音はこう来るだろうな、こういうリズムで来るだろうな」と予測してしまうので、予想外のリズムなどに苦戦しました……。

その分、複雑なリズムによって、かっこよく仕上がっていると思います!

——楽曲の印象や、聴きどころを教えてください。

中島:この曲に関しては事前に「『かっこいい』をオーダーされた帷」とイメージをいただいていたのですが、帷は全体的にダークなイメージがあったので、帷らしさと、外から求められるかっこよさの差し引きをどうしようか悩みました。手放しにいい曲だな、というより、どう自分が歌うかを考えちゃうので……。

あと、士欧と玄尉が歌ったときに、どっちのイメージに近付けるのか、とか、バランスとかも考えそうじゃないですか、士欧なら(笑)。今回のアルバムの3曲中、唯一玄尉が歌い出しの曲なので、なんでそうしたんだろうな、など想像しても楽しいかと。そんな曲なので、収録1曲目の「激情ノ彼方」とはまた違う雰囲気が出ればいいなと思いました。

あとは、詩が攻撃的ですよね。「Real in the dark」って言ってるくらいですから、現実は闇の中にある、そんな中からいかに光を見つけるかというテーマなのかな。そんな世間への不満が含まれているのかなと。帷には、色々なしがらみから逃れようとしている雰囲気があるので、3曲とも斜に構えてる部分があると思うんです。

彼らは、二人で一緒にいることによって、二人の人間が今まで感じてきた後ろめたいものとかを認め、補い合っているのかも。そんな歌詞に注目してほしいです。

住谷:攻め攻めな曲だなぁと思いました!1曲目の「激情ノ彼方」はロックな帷の楽曲の中でも、どちらかというとキャッチーで、皆で一緒に盛り上がって楽しむ、という楽曲ですが、「Real in the dark」はかっこいいに全振りした曲。スタッフの皆さんから、クールにとご要望をいただいたので、今回は普段の玄尉を意識して歌いました。

一番聞いてほしいのは、最後の「本気の俺を今」のところ。ちょっとがなる感じでかっこよく締められたので、是非聞いてほしいです。あと、サビの歌詞の「偽物の顔引きはがせ」っていうところ、どういうイメージで玄尉が書いたのかが気になりました。聞き手に向けた「本当のお前を見せてみろ」というメッセージなのか、士欧の、あの飄々とした表情の裏に何かあるなら見せてほしい、というメッセージなのか……。

「実は本当のお前じゃないんじゃないか?」という士欧に対するメッセージだとしたら、玄尉が作曲の時に込める気持ちや、士欧に対して思っていることなどが、もっと色々考察できるかも!

◆「孤夜の共鳴」


——収録のご感想をお願いします。

中島:スムーズに録っていただいたので、僕の中のこの曲に対するイメージと、作家陣の皆様のイメージとがぴったり噛み合ったのかな、と思いました。士欧と玄尉の、歌を通した喧嘩というか、挑発しあうイメージとのことだったので、そこがハマったのかなと。

タイトルは「共鳴」ではあるんですが、反発しあっているイメージもありつつ、ユニゾンのところは綺麗に共存している感じが、帷のユニット感を表現できているなと思いました。住谷くんが先に収録していた声を聴きながらレコーディングできたのもよかったです。

住谷:この曲も……難しかったですね!(笑) 色気満載のセクシーな感じの曲なんだろうなと思ったんですがその色気をどのように表現したらいいだろう……と、色々考えました。

「噛みつく感じ」「士欧と挑発しあう」みたいな、演技的なイメージをスタッフの皆さんからいただけたので、玄尉のキャラクターの魅力が表現できたと思います! 

二人は曲を通して相手に気持ちを伝えたり、歌を一種のコミュニケーションとしているというイメージで、と伺って、今回はあくまで歌唱のイメージでのお話でしたが、いつかドラマCDとかで実際にそんな話があったら面白いかも。

——楽曲の印象や、聴きどころを教えてください。

中島:聴きどころとしては……もちろん全部かっこいいんですけど、歌の掛け合いっぽくなっているところ。最後のサビ終わりのアウトロ部分が、言葉遊びと二人の掛け合いが、向かい合って歌っているような……バトルとまたちょっと違う、楽しそうに歌っている二人が見えたらいいなと思うので、この最後の一連をおすすめします。

住谷:こういうジャズっぽい曲は、あまり激しくギターが入ってるイメージがなかったのですが、「孤夜の共鳴」には、ギュインギュインと激しくギターが入っていて、ちゃんと玄尉が作った曲なんだな……と、玄尉の存在を感じました。

聴きどころとしては……最後の二人の掛け合いがすごくいいと思っています! 二人の息がぶつかり合って、共鳴する! みたいな流れで、出来上がりが楽しみです。きっとかっこいいと思います! 

あと、個人的にはサビの前の「吠えてやれよ」とか「食らいつけよ」というフレーズをワイルドに頑張ったので、聞いていただけると嬉しいですね。

——ファンの皆様へコメントをお願いします。

中島:ようやく動き始めた帷。所属はサンプロですが、ツキプロシリーズは歌って、曲が皆さんの手元に届いて、キャラクター達がしゃべってなんぼだと思うので、今後にもどんどん続けていければなと思います!

発表される頃に温かい反響をいただけたら、次へ次へと繋がっていくと思うので、期待しつつ、応援していただければ幸いです!

住谷:玄尉の、普段はポソポソしゃべるけど、音楽には情熱を傾けてる様を、歌を通して表現できればと思って、激しめに歌いました。皆で盛り上がれる箇所のたくさんある、聴きどころ満載のアルバムになったかと思いますので、是非是非楽しんでいただけたらと思います!

●帷 1stミニアルバム「序 -ハジマリ-」
発売日:2020年4月24日発売予定
価格:3,000円(税抜)
発売元・販売元:株式会社ムービック


≪収録内容≫
1:激情ノ彼方
作詞・作曲:篠崎あやと、橘亮祐
2:Real in the dark
作詞:川住かつお 作曲:豊田リョウジ
3:孤夜の共鳴
作詞:渡邊カズヒロ 作曲:adanymous
4:ドラマ「誰が為に Side.K」
5:ドラマ「誰が為に Side.S」
6:ドラマ「帷における二人の距離 from outside」
7:ドラマ「帷における二人の距離 from inside」
8:激情ノ彼方 -off vocal-
9:Real in the dark -off vocal-
10:孤夜の共鳴 -off vocal-

≪アニメイト・ステラワース・ムービック通販共通特典≫
大判ポストカード

●帷 配信ドラマ「胎動」
配信日:隔週木曜日20時に公開
サンプロ公式YouTubeチャンネル 
出演:天城士欧(CV:中島ヨシキ)、羽柴玄尉(CV:住谷哲栄) ほか
「胎動」1話



●アルバム「序 -ハジマリ-」楽曲試聴動画



●アルバム「序 -ハジマリ-」表題曲「激情ノ彼方」MV



<帷公式サイト・ツイッター>
帷公式サイト https://sunpro-info.com/tobari/
帷公式ツイッター https://twitter.com/tobari_info

(C)SUNPRO

■関連記事
佐藤拓也&小野友樹出演!『メメントスカーレット』キャストオフィシャルインタビュー
お笑いアイドルKOKOONってどんなグループ?メンバーのプロフィールを紹介!
えなこ、事務所社長からのメッセージに号泣!?|えなコスえなコスTV

1 / 1

この記事をみんなにシェアする

アニソン・ゲーソンの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!