【次にくるマンガ大賞2017】受賞作品をイッキ見しよう♪


5,890 views

『第3回 次にくるマンガ大賞』
コミックス部門第3位 青のフラッグ



Webマンガ部門の第3位に選ばれたのはKAITOさんの『青のフラッグ』。

2017年2月に「少年ジャンプ+」で連載が開始されわずか半年でのランクイン!

いい意味でジャンプらしくない"今の時代の純愛物語"はSNSを中心に拡散され話題になりました。

🤔読者のコメント📘💗

・青のフラッグ泥沼すぎるけど泥というには魚も住めないのではというほど清すぎる 底なしの海の方が正しいかもしれない

・青のフラッグ凄い。webとはいえ少年ジャンプ系列の雑誌にこの内容が連載されるのか、驚きだよいい意味で

・ジャンプ+で連載している「青のフラッグ」。この漫画がすごい大賞を受賞しそうなくらい、ジャンプとしては珍しい「これからの時代の純愛漫画」です。ぜひ。


--あらすじ--

人生の岐路に立つ高3の春――。
一ノ瀬太一は、なぜか苦手と感じる空勢二葉、幼馴染でリア充な三田桃真の2人と同じクラスになる。ある日、二葉から桃真への恋心を打ち明けられ、協力してほしいと頼まれた太一は...!?
青春に染まりゆく3人の新〝純〟愛物語、開幕!!


\試し読みする!/



『第3回 次にくるマンガ大賞』
コミックス部門第2位 妄想テレパシー



Webマンガ部門の第2位に選ばれたのはNOBELさんの『妄想テレパシー』。

様々な4コママンガをTwitterで連載更新する「ツイ4」で連載され、可愛らしくも人間味溢れるキャラクターと展開の早い4コマが好評を得て、同世代の学生を中心に支持を集めました。

自身のWebサイト(http://nobel827.com/)でも連載をしているので、ぜひこちらも合わせてご覧ください♪

🤔読者のコメント📘💗

・妄想テレパシー、ニヤニヤが止まらないw

・WEBで公開されているので欠かさずチェックしていますが、ゆっくり読みたいときのためにコミックスも購入しています。

・少女漫画のような丁寧な心理描写や展開と、人間らしく共感できるキャラクターたちが良い仕事をして、既存の似た設定の作品と大きく差別化できている


--あらすじ--

他人の心の声が‘‘視’’えてしまう、地味でエスパーな女子高生・中野さん。
春から同じクラスになった戸田くんは、成績優秀、運動神経抜群の無口でポーカーフェイスな人気者……と思っていたら、頭の中は中野さんへの妄想であふれかえっていて――!?
カラーは妄想(リビドー)、モノクロは現実(リアル)! 魅惑のフルカラー4コマ!


\試し読みする!/



『第3回 次にくるマンガ大賞』
コミックス部門第1位 うらみちお兄さん



Webマンガ部門の第1位に選ばれたのは「トリマニア」で知られる久世岳さんの『うらみちお兄さん』。

2017年2月に自身のTwitter上で公開すると爽やかな体操のお兄さんの"大人の闇"が胸に刺さると瞬く間に拡散され話題に!

辛辣で使い勝手の良い(?)LINEスタンプも好評配信中です♪


🤔読者のコメント📘💗

・うらみちお兄さん読むと元気出る

・勘弁してくれよの表情と…の長さがリアルで吹きましたwとても面白かったです!!

・さわやかだけど幼児に対して大人げないお兄さんがおもしろ怖い。


--あらすじ--

よい子のみんな〜! 裏表のあるお兄さんは好きかな〜?
教育番組「ママンとトゥギャザー」の体操のお兄さん・表田裏道(おもたうらみち)31歳。 爽やかだけど情緒不安定な“うらみちお兄さん”が垣間見せる大人の闇に、よい子のみんなはドン引き必至…!?
大人になった“よい子”たちに送る、哀しみの人生賛歌!


\試し読みする!/



『第3回 次にくるマンガ大賞』読み始めるなら今!

ユーザー投票によって決まるからこそ、すでに話題になっている作品が上位を占める結果になりましたが、世代や性別を問わずもっともっと世に知られるべき作品たちが揃ったのではないでしょうか?

今回ご紹介した各部門3作品は、どれも今からでも最新話に追いつける作品です。

夏休み後半のうだつの上がらない学生諸君に、
社会人の電車や家でのリラックスタイムのお供に、

気軽にお手にとってみてくださいね♪

この記事をツイートする

1 2

2 / 2

この記事をみんなにシェアする

PRの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!