今日からサク読み!トレタメアプリ


珠城りょうさん率いる月組が充実期を迎えています。

今年の初め、若きトップスターとして月組を生まれ変わらせた珠城さん。二番手にはベテランの美弥るりかさん。

前の公演、「All for One」からは美形男役、月城かなとさんが加わりました。そのほかにもたくさん注目の男役がおり、月組から今目が離せない状況です。
たまちゃぴ出典:©宝塚歌劇団 公式HP 月組公演『All for One』より
そして珠城さんの相手役には、愛希れいかさん。

前トップスター龍真咲さんの頃から娘役トップを務め、すでにベテランの風格。娘役として十分な実力を備え、かわいらしい娘役から大人の女性役まで、感情の機微を豊かに表現できる役者となりました。

珠城さん体制の月組はすでに大劇場で2作品を披露。この秋は、4組に分かれて活動していますが、中でも注目なのがやはり珠城さん率いる全国ツアー公演!

今回の演目、お芝居は「鳳凰伝」。伝説のトップコンビ、和央ようかさんと花總まりさんの代表作です。

一体どんな舞台が披露されるのか、その前に、珠城・愛希のコンビがどのようにフィットするのか、ちょっと分析してみましょう。

同じ月組で同士として絆を育んだ珠城&愛希コンビ!

たまちゃぴ出典:©宝塚歌劇団 公式HP 月組公演『All for One』より
珠城りょうさんは94期生、愛希れいかさんは95期生、と学年は1年違い。

共に月組生え抜きで、とても近い存在として舞台人として成長している歴史があります。

元々男役だった愛希さんは、新人公演で珠城さんの役を演じたことさえあります。(2011年「バラの国の王子」ハチドリ役)

同じ組で作品を作り上げる上で、同士という間柄だった2人。

まさか、トップとしてコンビを組むなんて考えもつかなかったでしょうね。ところが愛希さんが娘役に転向、あれよあれよと言う間にトップ娘役に就任。

龍さんの時代から、男役と娘役と言う立場で、2人は舞台上でもあらゆる役で絡むようになりました。


1 2 3>>

1 / 3

コメントを見る

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事をみんなにシェアする

月組の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!