2つの事務所の合同プロジェクト、LABOUMのメンバープロフィール!

LABOUMは、NHメディアとネガネットワークの合同プロジェクトで生まれた女の子6人のアイドルグループ。

日本では違う事務所のタレントがユニットを結成することはよくありますが、韓国では非常に珍しいスタイルです。6人のメンバーのプロフィールを紹介します。

LABOUM <出典:plus.google.com>

バラード歌手が夢だったユジョンとソロ志望のソヨンがメインボーカル

メインボーカルはユジョンソヨンのネガネットワークの2人が担当しています。ユジョン(1992年生まれ)は元々バラード専門の歌手になるのが夢でしたが、事務所の説得により2010年にab avenueという女の子2人のユニットでデビューしました。

ユジョン <出典:news.kstyle.com>

 

これは当時韓国で急増していたスタイルで、事務所もその流行に乗ったようなところがありました。しかし、期待に反してあまり売れず、LABOUMの一員として再デビューすることになりました。

 

ソヨン(1994年生まれ)は、大きな目が少し垂れたかわいい女の子。全羅道光州市出身で、光州から輩出されたタレントのほとんどが通っていたダンススクール通っていました。

ソヨン <出典:news.kstyle.com>

 

デビュー曲「Pit-A-Pat(ドキドキ)」で活動中にのどを痛めて、声が出なくなったことも。何事も一生懸命にやりすぎるところが裏目に出たようですね。いずれはソロで活躍したいという思いを抱いているようです。

 


モデル体型のジエン(ZN)とボブカットのユルヒ

ジエン(1994年生まれ)ZNと表記します。韓国人が大好きなハスキーボイスでさらにモデルのような長い脚の持ち主です。別のガールズグループでデビュー予定でしたが、結局LABOUMとしてデビューすることになりました。

ZN <出典:news.kstyle.com>

 

当初は正統的な可愛い女の子路線が合わず、恥ずかしかったと吐露しています。

自己紹介では「いつまでも香りが残る」と言っていましたが、本人曰くそんなことはないそうで、今はクリームを塗ったりして香りを出すことにがんばっているんだとか。

 

ラップ担当でボブカットがかわいいユルヒ(1977年生まれ)は、暇があればゲームをしているほどのゲーム好き。メンバーによると腕前も相当なものだとか。自己紹介では「テンテンボール(スーパーボール)」と言っていますが、白いもっちりしたほっぺたを指して言っているようです。

この2人もネガネットワーク所属です。

ユルヒ <出典:news.kstyle.com>

 

美形のソルビンとサービス精神旺盛なヘインがNHメディア所属

ソルビン(1997年生まれ)はユルヒとともにLABOUMの末っ子ですが、彼女が一番最初にメンバーに選出されました。最初に選ばれるだけあって美人顔です。

ソルビン <出典:news.kstyle.com>

 

ネットではmissAのスジやGirl's Dayのヘリに似ていると評判になりました。

 

さまざまなオーディションを受けたものの不合格でしたが、父に内緒で母親が応募したオーディションにようやく合格しLABOUMでデビューすることになりました。

歌はまだちょっと危なっかしいレベルですね。

 

ヘイン(1995年生まれ)は、中学校の演劇部で3年間練習し、その後歌を習ってオーディションに合格しました。

ヘイン <出典:news.kstyle.com>

ネイルアートが得意で、各メンバーのネイルも彼女がやってあげています。サービス精神が旺盛で、ファンの間では「ファンサービスのクイーン」ともいわれています。

 

変幻自在にイメージを変える6人、次に見せるのはどんな顔?

パーティーではしゃぐ女の子、人形に扮したロボットダンス、パジャマファッションなど、曲を発表するごとに異なるイメージで登場する6人。次は、どんな女の子に変身して私たちの前に現れるのか、とても楽しみですね。

タグ LABOUM
コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

K-POP・韓流の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!