今日からサク読み!トレタメアプリ

8,819 views

5thシングル「Frontier」のリリースを5月17日に控え、勢いを増しているヴィジュアル系バンド・umbrella。

“傘”という意味のバンド名の通り、「心に傘を」というコンセプトを掲げて活動する彼らですが、その歴史と素顔が気になりませんか?

umbrellaの活動経歴

umbrella
出典:©umbrella 唯‏(@umbrella_yui)より
umbrellaは2010年3月14日に結成されたヴィジュアル系バンド。

関西を中心に活動しており、哀愁のあるキャッチーなメロディーと激しいライブスタイルが人気を集めています。

強く、激しく、どこか優しいその音楽性は「音の豪雨注意報」とも謳(うた)われていますね。

結成年の6月には初公演を行ない、12月には初主催ライブを敢行、デモシングル「Powdery Snow」を会場でリリースした事を皮切りに、翌年7月には1stミニアルバム「アマヤドリ」をリリースします。

この作品は3ヶ月で初回プレス500枚がすべて完売となり、追加として300枚がさらにプレスされたという驚きの結果に。

傘人(ファンの総称)はもちろん、数多くのリスナーを自分たちの世界の虜にしたと言っていいでしょう。

1 2 3 4>>

1 / 4

この記事をみんなにシェアする

関連キーワード V盤ヴィジュアル系umbrella

V盤の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!