今日からサク読み!トレタメアプリ


2016年放送の「マクロスΔ」の主人公・ハヤテ・インメルマンに大抜擢されて以後、順調な活躍を見せているのが声優の内田雄馬さんです。

同じく声優の内田真礼さんとは仲良し美男美女姉弟としても知られている雄馬さんですが、その素顔はお肉が大好きすぎる爽やかイケメンだった!!

そして、彼のファンなら誰もが知るのが「彼の水の消費量が異常」問題。

ここでは前編と後編の2回に分けて、ニューホープ・内田雄馬さんを大特集したいと思います!

アイキャッチ画像の出典:©ボイスニュータイプ編集部 公式Twitter より



笑顔がまぶしい!内田雄馬さんのプロフィール

出典:©仲村 宗悟 公式Twitter より
内田雄馬さんは1992年9月21日生まれの東京都出身、あだ名は「ゆうまたそ」「たそ」など。このあだ名は、彼の姉である内田真礼さんのあだ名の1つが「まれいたそ」であることに由来しています。

家族全員がゲーム好きという一家に育った内田さんは、幼い頃からずっと好きだったという「サクラ対戦」の声優キャストによるライブイベントに足を運んだことをきっかけに声優という職業を認識。

一度は「自分なんて」と思い役者の道を諦めたそうですが、お姉さんが自分らしい将来を歩んでいる姿に感化され、高校生の時に自分もやりたかった声優の道を再度志します。バイトをしながら養成所へ通い続け、2013年に声優デビュー。

好きな言葉は「為せば成る、為さねば成らぬ何事も」と男らしく、若手ながらも頼もしい印象を受けます。

出典:©古畑恵介‏ 公式Twitter より
次に、内田雄馬さんの代表作ですが、

コウサカ・ユウマ(ガンダムビルドファイターズトライ)
ハヤテ・インメルマン(マクロスΔ)
音速猿〈ソニック〉(血界戦線)
桜庭薫(アイドルマスター SideM)

などが挙げられます。

動物からワケあってアイドル、王道主人公まで様々な役を演じているところに、内田さんの幅広い演技の技量がわかりますよね。

また、幼い頃からロボットを操縦することに対して憧れがあったという内田さんにとって、ガンダムやマクロスへの出演はとてもうれしいものだったのではないでしょうか。


1 2 3>>

1 / 3

コメントを見る

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事をみんなにシェアする

声優の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!