月組男役での別格スターを狙え! 安定の実力で魅了する宇月颯


27,107 views

誠実に、着実に。キャリアを積み上げた宇月颯

宇月颯さんは2004年初舞台。
蒼乃夕妃さん、愛原実花さんと、トップ娘役を2人も輩出した第90期生です。

初舞台後の翌年、2005年には「エリザベート」新人公演で黒天使役に選ばれています。
エリザベート 月組2005年
出典::©宝塚歌劇団 2005年月組公演『エリザベート』より
黒天使役といえば、男役でダンサー路線を目指す人の登竜門!

研究科1年の終わりに選ばれたのですが、のダンス力が評価されたのだと言えます。しっかりとダンススターとしてのチャンスは掴んでいたのですね!

新人公演で目立つ役がつきはじめたのが2008年の「ME AND MYGIRL」。

本役は遼河はるひさんで、ジェラルド役でした。とても明るい青年の役なので、きっと宇月さんにぴったりだったのではないでしょうか。

2009年、瀬奈じゅんさん主演の「エリザベート」で、新人公演では難役ルキーニを演じています。
宇月颯
出典:©宝塚歌劇団 ©宝塚クリエイティブアーツ タカラヅカ・スカイ・ステージ『ジプシー男爵 -Der Zigeuner Baron--ヨハン・シュトラウスII世 喜歌劇「ジプシー男爵」より-(’10年月組・東京・新人公演)』より

満を持しての新人公演主演が「ジプシー男爵」。得意のダンスを活かし、さわやかに主演を務め、高評価を得ています。

1 2 3 4>>

2 / 4

この記事をみんなにシェアする

関連キーワード 宝塚歌劇団月組宇月颯

宝塚歌劇団の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!