今日からサク読み!トレタメアプリ


ヴィジュアル系バンドSynk;yet-シンクイェット-は2011年に結成されました。
Synk;yet-シンクイェット-

コンセプトは罪と狂気で、罪を犯した人間の内なる狂気を表現することです。プロフィールでは莉希、唯依葉、リノ、栞、皇司の5人のメンバー紹介と1か月に7回も公演を行うなどハードなスケジュールが紹介されています。

 

Synk;yet-シンクイェット-のプロフィール

1か月に多い時には7回以上のライブイベントをこなし、ライブ情報が1週間足らずで更新されるなど精力的なステージ活動を行っています。ワンマンライブだけでなくコラボイベントも多く、オムニバスを発表したり動画配信をしたりと積極的にオリジナルの音楽を発信しています。
Synk;yet-シンクイェット-

シングルは会場限定販売だったり、オンラインで限定1000枚発売のみだったりとライブにきてくれるファンを優先して販売しており、特殊トールケースを利用したりと自宅で愛蔵品として活用できるように細やかな配慮がなされています。

 


Synk;yet-シンクイェット-のサウンドとは


脱退や解散の多いビジュアル系バンドの中で、メンバーが欠けることなく精力的にライブ活動を続け、定期的にリリースを行っているSynk;yet-シンクイェット-はプライベートこそ明らかにしていないものの、メンバーが信頼しあって同じ方向性を見つめていることが想像できます。

出典: ©Starwave Records,Inc.
Synk;yet [Re]:birth MV FULL(Youtube) より



シンフォニックでダイレクトに響くオリジナリティあふれる音源は女性だけでなく、結成当初から男性ファンも大勢いたことが知られており、話しをするよりも音楽で気持ちを伝えたいというシンプルさがダイレクトに伝わってくるのです。

 

1 2>>

1 / 2

コメントを見る

2 件のコメント

  • 匿名 より:

    Synk; yet の情報が間違ってますよ!
    療養後復活したのはベースの栞さんです。
    ボーカルの茉希?…誰(笑)

    • トレタメ編集担当者 より:

      記事内に誤りがありましたので訂正いたします。

      「病気療養したのはボーカルの茉希さん」と記載しておりましたが、正しくは「ベースの栞さん(ボーカルは莉希さん)」となります。

      不快な気持ちにさせてしまった読者の皆様ならびにご迷惑をお掛けしました関係者の皆様に深くお詫び申し上げます。
      また、ご報告いただきありがとうございました。

      今後もトレタメをよろしくお願いいたします。

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事をみんなにシェアする

V盤の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!