13,169 views

ボーカル・志村亡き後もフジファブリックを支える・・・「若者のすべて」

2014年にメジャーデビュー10周年を迎えたロックバンド、フジファブリック。

現在のメンバーは山内総一郎(Vo.Gt)、金澤ダイスケ(Key.Cho)、加藤慎一(Ba.Cho)です。しかし、かつてボーカルを担当し、2009年に逝去した志村正彦が残した名曲「若者のすべて」を抜きに彼らの音楽は語れません。

富士吉田市に響いた「夕方5時のチャイム」


フジファブリック <出典:http://matome.naver.jp/odai/2133103706119641301/2133233895669510703>

フジファブリックは、通算10枚目のシングルとして2007年に「若者のすべて」をリリースしました。金澤のピアノから始まる美しいメロディーラインはもちろん、この曲が人気を博した理由は、故志村氏の歌詞にもありました。

ここが好きというファンも多いそのうちの一節、「夕方5時のチャイムがなんだか胸に響いて 「運命」なんて便利なものでぼんやりさせて」から、2012年には、呼びかけにより地元である山梨県富士吉田市の夕方五時のチャイムが「若者のすべて」に変更されました。(※期間限定)

このように、ファンの中では特別な曲として認知されていますが、それ以外の層からの認知度が高まった理由もあります。

月9ドラマ挿入歌に決定、知名度アップ


サマーヌード <出典:http://matome.naver.jp/odai/2137342013073905601/2137342293975081003>

2013年に放送された月9ドラマ『SUMMER NUDE』(フジテレビ系)挿入歌として中高生の耳に入ったことも、「若者のすべて」を有名にした理由の一つと言えるでしょう。主演の山下智久と長澤まさみが歌詞の解釈を巡って意見を出し合うシーンはストーリーの重要シーンでもありました。


<出典:https://www.youtube.com/watch?v=IPBXepn5jTA>

この楽曲のメディア露出によって、iTunesのダウンロードランキングでは圏外から急に30位内へアップしました。彼が生前残した楽曲が、現在のフジファブリックを知ってもらうことに貢献したわかりやすい例でもあります。




ミスチル桜井も・・・カバーされ続ける名曲へ


じわじわと人気を広げていったのは、多くの大物ミュージシャンによってカバー・コピーされたことも理由になるでしょう。


<出典:https://www.youtube.com/watch?v=X9Cmbp0gHr4>

Mr.Children桜井和寿、奥田民生、藤井フミヤなど、そうそうたる面々がこの曲のカバーをして歌っています。そういったカバーから「若者のすべて」を知ることも決してまれなことではなく、そこからフジファブリックのファンになった人も多くいます。


フジファブリック <出典:https://twitter.com/Fujifabric_info/status/733570540250660865>

たくさんのミュージシャンの心を掴んだことは、そのままたくさんのリスナーの心も掴むことにもつながったのです。

志村正彦が亡くなってからもう幾分も年月が過ぎ、残されたメンバーだけで制作された楽曲も数多くなってきました。

そんな中でも、多くの人に愛される機会を多数持った「若者のすべて」は、これからも変わらずにフジファブリックを支えていきます。

カテゴリー
コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

J-POPの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!