6,856 views

THE BAWDIESのルーツ!声が魅力なROY選曲、おすすめR&R曲4選

2006年から数々の名曲を生み出し、2011年11月には自身初となる日本武道館でのライブを成功させたTHE BAWDIES。中でもベース&ボーカルを務めているROYの歌声やシャウトには独特な魅力があり、国内だけでなく国外においても評価されています。

ここでは、THE BAWDIESの簡単なプロフィールと、メンバーのROYがおすすめする、彼らのルーツとなっているR&Rミュージックを4曲ご紹介します。


of-the-bawdies-roots



THE BAWDIESってどんなバンド?

THE BAWDIESは、ベース&ボーカルのROY、ギター&ボーカルのTAXMAN、ギター&コーラスのJIM、ドラムス&コーラスのMARCYの4人で構成されているロックバンドです。楽曲は英語詞のものが中心で、英語の発音は外国人の友人がチェックしているようです。

TAXMAN以外は小学校からの同級生であり、高校時代にTAXMANを加えてTHE BAWDIESは結成されました。インディーズ時代から海外ツアーを敢行するなど、当初から国内だけに留まらない活動を視野に入れています。

各メンバーはそれぞれ異なった魅力を持っており、中でもROYのシャウトや、独特な声の性質は世界中のファンから評価されています。彼の声は曲全体を通してアクセントの役割を果たしており、リスナーを飽きさせません。


THE BAWDIES
<出典:natalie.mu>




THE BAWDIESのルーツ!ROYおすすめR&R曲


【1】The Spencer Davis Group『Somebody Help Me』
スペンサー・デイヴィス・グループは、1965年から1967年にかけて活躍したイギリスのバンドです。Somebody Help Meは、彼らが精力的に活動を続けていた1966年にレコーディングされました。
ギターとベースを演奏するフロントマン3人がそれぞれ歌う楽曲であり、サビの部分では3人の歌声が重なり、綺麗なハーモニーを奏でています。

また、スペンサー・デイヴィス・グループは、アメリカ合衆国の歌手であったレイ・チャールズの影響を大きく受けているバンドです。ROYは自身のスタイルの基盤ともなっている、レイ・チャールズの影響を受けているバンドを、度々ファンなどに対しておすすめしています。





<出典:www.youtube.com>




【2】Kim Weston『I Got What You Need』
キム・ウェストンは、1960年代から活躍したアメリカ人シンガーです。『I Got What You Need』は彼女が1967年にリリースした楽曲であり、アメリカだけでなくカナダでもリリースされました。


この曲はどっしりとした音のベース、そして力強く歌う彼女の歌声が印象的です。高音部では、しゃがれるような声も披露しており、全体的にインパクトの強い作品となっています。




<出典:www.youtube.com>




【3】Maurice & Mac『Lay It On Me』
モーリス&マックは、1960年代にアメリカ合衆国のシカゴで活躍していたグループです。『Lay It On Me』がリリースされたのは1969年、今では彼らの代表曲の1つとして知られています。

この作品は全体的に軽快なリズムで構成されており、ギターなどの楽器の音色も明るい雰囲気です。感情がよく伝わってくるような歌声が特徴的であり、特に曲中に何度も歌われる「Lay It On Me」というフレーズが耳に残りやすい1曲です。




<出典:www.youtube.com>





【4】Freddy-Henchi & The Soulsetters『Popcorn Baby』
Freddy-Henchi & The Soulsettersは、1960年代後半にアメリカ合衆国のコロラド州を拠点として活動していました。『Popcorn Baby』は、彼らが精力的に活動をしていた1969年5月にリリースされた楽曲です。

気持ち良い高音域のボーカルと、独特なリズムが印象的な楽曲であり、曲の全体にトランペットが使用されています。聴いていると身体が自然と動いてしまうような曲調で、これぞまさに1960年代のアメリカミュージックと言えるような作品です。



<出典:www.youtube.com>






おわりに

ここまで、THE BAWDIESのROYおすすめの楽曲を4曲ご紹介しました。他にもROYはさまざまな楽曲に影響を受けていると公言しています。全体的にインパクトの強い声で歌われている楽曲に影響を受けているようです。興味を持った方は、彼のルーツとなっている音楽を聴いてみてはいかかでしょうか。現在の彼らの音楽やスタイルに関する、新しい発見が何かあるかもしれません。

カテゴリー
コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

J-POPの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!