今日からサク読み!トレタメアプリ

4,124 views

2017年2月20日をもって、雪組から月組へ組替えする月城かなとさん。
同期の朝美絢さんと”トレード”する形での発表となった組替えは、ファンの間で物議を醸しました。

生まれ育った組を離れるのは、ファンとしても悲しいことですが、組替えを機に大きく羽ばたくジェンヌさんが多いのは事実。きっと、新天地月組でこれまで以上の輝きを見せてくれることでしょう。

今回は、これからの月城かなとさんの活躍に期待を込めて、雪組時代の成長を振り返ってみたいと思います。

雪組の御曹司として新人公演主演3回、バウ主演2回と大活躍

月城かなとさんは、各組で活躍するメンバーを多く輩出している”黄金期”こと95期の一員。

早くから注目され、2013年には「Shall we we ダンス?」で新人公演初主演。その後も、「一夢庵風流記 前田慶次」「星逢一夜」と新公主演経験は3回にのぼります。

いずれの新人公演においても、端正なルックスと、丁寧なお芝居で好評を博し、未来の大器登場を予感させました。
銀二貫 雪組 雪組公演 『銀二貫』 | 宝塚歌劇公式ホームページ
(c)宝塚歌劇団

2015年には「銀二貫」にてバウホール公演初主演も果たします。
まっすぐな青年・松吉のキャラクターもピッタリとハマり、お芝居自体の温かい世界観と相まって、多くの人に感動を届けてくれました。

その後、本公演などでも活躍の幅を広げ、「るろうに剣心」では原作人気も高い四乃森蒼紫役を熱演。スラッとした体躯に、あの独得のお衣装を見事に着こなし、公演中はまさにアイドル的な人気ぶり!原作ファンをも虜にしましたよね。

そして、2016年の夏に3都市で公演された「ローマの休日」では、陽気な理容師・マリオ役と、主人公の相棒的存在・アーヴィングという正反対の2役を担当。特に、弾けたキャラクターのマリオ役は新境地となりました。どちらかと言うと真面目でおとなしい印象の月城さんだっただけに、このキャラクターの衝撃は目を見張る物がありましたね。

「れいこ・ひとこ」コンビで雪組ファンから愛される

月城かなとさんは、97期の永久輝せあさんとともに「れいこ・ひとこ」コンビとしてファンから愛されました。
いずれも将来を期待される若手路線スターだけあって、数多くの新人公演で主演・2番手として共演。

CS「スカイ・ステージ」でも、この2人は”プレシャススター”としてコンビで特集されました。
2人で川床でお食事したり(天気が悪かったので室内でしたが)、ジュース屋さんの店員を体験したり…と舞台では見られないリラックスした表情を見せてくれました。

同番組で、月城かなとさんは「幼いころは引っ込み思案だった」と語っていましたが、今では想像もつかないほどの堂々とした舞台人になられています。こうして、下級生時代からの成長を楽しめるのも、宝塚のいいところですよね。
雪組バウ NewWave!雪 雪組公演 『New Wave! -雪-』 | 宝塚歌劇公式ホームページ
(c)宝塚歌劇団

月城さん・永久輝さんは、ショーでもシンメとしてペアで登場することが多い存在。
月城かなとさんにとって、最後の雪組公演「New Wave -雪-」が永久輝せあさんとのW主演となったのも、運命的なものかもしれません。

これまで、どちらかと言うとお芝居の面で評価されてきた月城かなとさんですから、「New Wave -雪-」で一段とスター力を高めて月組へと羽ばたいてくれることでしょう。

1 2>>

1 / 2

この記事をみんなにシェアする

宝塚歌劇団の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!