今日からサク読み!トレタメアプリ


シングルダウンロード部門、着うた部門でレコチョクランキング二冠を達成したシンガーソングライターのMACO

 

なんと、動画投稿サイト『YouTube』がきっかけでデビューしたという、イマドキなプロフィールに目を引かれるはず。また、多くの女子が注目するファッションセンスについても紹介します。

小さな頃から洋楽好き

北海道・函館生まれのMACO。家族の影響で、子どもの頃からたくさんの洋楽を耳にしてきました。

 

本格的に音楽活動をはじめたのは17歳のとき。地元で、マライア・キャリーやリアーナのインストゥルメンタル・バージョンに自作の歌詞を乗せて歌っていました。

MACO

一念発起して上京


上京後は現在所属している事務所に、洋楽に独自解釈の和訳歌詞をつけて歌う理由を「英語がわからない人にもちゃんと意味があるものにしたいから」とアピール。その後もさまざまな洋楽の日本語カバーを続けます。

MACO

テイラー・スウィフトでブレイク

やがて、テイラー・スウィフトの「私たちは絶対に絶対にヨリを戻したりしない~We Are Never Ever Getting Back Together」に出会い、せつない系のバラードにアレンジしてYouTubeにアップ。

 


出典:©MACO
Taylor Swift - We Are Never Ever Getting Back Together (MACO Japanese Cover)youtube より


 

原曲は人気番組『テラスハウス』のテーマ曲としても有名でしたが、同番組のファンがSNSなどで拡散したことによって、通算500万回を越える再生回数を記録しました。

ミニアルバムも話題に

2014年にはインディーズ・レーベルから発表したミニアルバム『22』が配信チャート総合1位にランクイン。

 

ついにメジャーデビューも果たしミニアルバム『23』をリリースしました。『23』では洋楽カバーの他にもオリジナル曲も収録されていて、MACOのハッピーな世界観を思い切り楽しめます。

MACO 22

女子ファンの共感を呼ぶ歌詞

カバー曲でもオリジナル曲でもMACOの歌詞は女性の気持ちをそのままストレートに表現しています。恋愛テーマの曲も多く、女性ファンの共感を呼んでいます。

 

キュートなファッションも同性から支持されそうなテイストで、これからますます目が離せませんね。

川端まり

1 / 1

コメントを見る

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事をみんなにシェアする

関連キーワード ポップス音楽MACO

この記事を見た人はこんな記事も見ています

ポップスの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!