SEKAI NO OWARIの不思議な歌詞に込められた意味とは?



2011年にメジャーデビューし、短期間で急成長を遂げたセカオワことSEKAI NO OWARI
SEKAI NO OWARI
<出典:okmusic.jp>

今や大人気バンドとなった彼らの曲は、そのバンド名とは対照的にポップで純粋な意味の込められたものが多いのです。
そこで、セカオワ独特の不思議な魅力を持つ歌詞の意味について、いくつかご紹介します。

 

歌詞を書いているのは?

セカオワは四人のメンバーから構成されているバンドですが、そのうちDJ LOVEさんを除く三人、Fukaseさん、Nakajinさん、Saoriさんが作詞や作曲をして曲を作っています。
そして、中でも不思議な魅力を放つ歌詞を、一番多く書いているのがボーカルのFukaseさんなのです。
Fukase セカオワ
<出典:www.pinterest.com>

Fukaseさんといえば、SEKAI NO OWARIというバンド名を考えた張本人でもあります。
これは有名な話なのではないでしょうか。

世界が終わったような生活を送っていた時に、残されていた音楽と仲間で終わりから始めてみようと思ったことが名前の由来だそうですが、この時点で不思議な感性を持っていることがよくわかると思います。

 


セカオワはファンタジー?


数多くの曲を持つセカオワですが、中でもファンタジーの物語のような歌が多いことが特徴です。

たとえば、2014年1月にリリースされた「スノーマジックファンタジー」

<出典:www.youtube.com>

タイトルを聞いただけでもファンタジーの要素があることがわかります。
この曲の歌詞には、「雪の精」と「僕」のラブストーリーが描かれています。
「雪の精」のモデルとなった人物がいるわけでもないそうで、まさに想像の世界が描かれているといえます。

ほかにもロボットの女の子と恋をする「不死鳥」や、タイトルの通り相手を眠り姫に例えた「眠り姫」など、独特のファンタジー表現のある曲が数多くあります。
これらの曲は全てFukaseさんが作詞したものです。

ファンタジーに例えたほうが、自分の想いを表現しやすいのかもしれません。

 

純粋な想いや苦悩を訴えた歌詞

ファンタジーに例えられた曲を紹介しましたが、セカオワの曲はもちろんそれだけではありません。
ファンタジーとは対照的な、リアルな悩みを率直に書いた歌詞を持つ曲も数多く存在します。

例えば、「白昼の夢」とその続編という「銀河街の悪夢」

<出典:www.youtube.com>

歌詞の解釈はひとそれぞれですが、自分の今の現状を変えたいけれどなかなか一歩を踏み出すことができないという悩みを書いた曲です。
かつて精神病院で入院し、苦労したFukaseさんだからこそ書けた歌詞ですが、この歌に少しでも共感できる方は多いのでは。

その他にも、なにが正しく、なにが間違っているのかを純粋に問いかける「天使と悪魔」や、なかなか上手く行かず挫折を繰り返す中でも勝つまで戦いたいという力強い想いを書いた「Fight Music」など、セカオワの曲は多種多様です。

 

全てが「考え」のうちの一つ。

深瀬 セカオワ
<出典:laughy.jp>

Fukaseさん本人が言っていることですが、一つの考えを訴えた曲を書いたら、それに矛盾する考えを持つ曲を作りたいと言います。

意見を必ずしも一つに絞ろうとはしないその自由な発想が、セカオワ独特の不思議な魅力を持つ曲を産み出しているのでしょう。

コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

J-POPの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!