13,198 views

テーマは「私って何だろう?」

「すかすか」の登場人物たちは、「自分の存在」について、何度も何度も繰り返し悩み続けます。

なんだか哲学的な悩みですが、その原因となっているのは登場人物それぞれの複雑な境遇です。

ヴィレムはかつて守れなかった人たちへの思いを断ち切ることができません。
それでもこの世界に生き残った唯一の人間として、今自分にやれることを考え、妖精兵である少女たちのために精一杯尽くします。

出典:YouTube©2017枯野瑛・ue/KADOKAWA/68番島・妖精倉庫 ≪TVアニメ「終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?」PV≫(KADOKAWA Anime Channel)よりスクリーンショット

妖精兵たちも同じです。
初めこそ、戦いによって自分たちが死ぬ運命であることに何の疑いも持っていませんでしたが、ヴィレムが妖精倉庫に来たことで、少しずつ自分たちの存在についても考えるようになりました。

「戦うのが怖い」と思い始める者が現れたり、自分たち妖精がどこでどのようにして生まれたのかを調べ始める者が現れたり……みんながそれぞれ自分の存在について悩み始めます。

出典:YouTube©2017枯野瑛・ue/KADOKAWA/68番島・妖精倉庫 ≪TVアニメ「終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?」PV≫(KADOKAWA Anime Channel)よりスクリーンショット

“俺は何だろう、とヴィレムは考える”

という文章や、それに似たフレーズが、原作には何度も繰り返し出てきます。

「自分は一体誰なんだろう」というアイデンティティの探求、これこそが「すかすか」の一貫したテーマなのかもしれません。


アニメ「すかすか」の放送が待ち遠しい!

TVアニメ「終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?」では、原作者の枯野瑛(かれの・あきら)先生がシリーズ構成&脚本(共同)として制作に参加しています。

枯野瑛先生は現在、本作の新シリーズ『終末なにしてますか? もう一度だけ、会えますか?』の出版もされていますので、こちらも要チェックです!


オープニングテーマの「DEAREST DROP」はクトリ役の田所あずささんが歌っています!
PVも公開していますので、聴き逃がしのありませんように!


さて、「すかすか」のアニメ放送はまもなくです!

原作を読んでから観るも良し。読まずとも良し。
「小説はちょっと」という人にはコミックスもあるので、漫画で読んでみるのもオススメです!


とにもかくにも、2017年春アニメ『終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?』、絶対に見逃せません!

みんなで妖精兵たちの運命を見届けましょう!




1 2 3 4

4 / 4

この記事をみんなにシェアする

アニメの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!