トレタメ記事内画像について


9,632 views

シングル歴代センターを紐解くとAKB48が築き上げてきた歴史が分かる!

今年で結成10周年となるAKB48。初期の頃は専用劇場に7人しかお客さんが入らない時代もありましたが、

今や各地に姉妹グループを持つほどの巨大組織となりました。その中核となったAKB48のシングル歴代センターを見ていくことでその歴史も垣間見える事となるでしょう。

AKB48


前田敦子と高橋みなみが主役だった初期のAKB48

初期は、インディーズ時代の1stシングル「桜の花びらたち」で高橋みなみがセンターとなったのを皮切りに、前田敦子と事実上ほぼ交互にセンターを務める形となっていました。

後に絶対的エースと呼ばれるようになる前田敦子、そして今年で卒業するもののAKB48を総監督という立場で長らく支えてきた高橋みなみ、今やカリスマ的存在ともなったこの2人が初期のAKB48において、シングル曲のセンターとして活躍していたのも納得です。

6thシングル「夕日を見ているか?」より、彼女たちと同期で、今や峯岸みなみとともに数少ない1期生となった小嶋陽菜もセンターとして活躍するようになります(6thシングルは前田敦子とのダブルセンターでした)

前田敦子 高橋みなみ




1 2 3>>

1 / 3

コメントを見る

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事をみんなにシェアする

関連キーワード 48グループアイドルAKB48

この記事を見た人はこんな記事も見ています

48グループの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!