最強運を持つメンバーは誰だ!?じゃんけん大会の過去を振り返る

AKBグループでは通常、人気と実力を元に選抜メンバーが選ばれます。しかしそこに新たな要素が加わり、「運」だけでセンターをつかみ取るのは誰なのか、そうしたコンセプトのもとAKB48じゃんけん大会が2010年より開かれることとなりました。過去の優勝者などを振り返ることで、このじゃんけん大会の歴史を見ていきましょう。


じゃんけん大会
<出典:detail.chiebukuro.yahoo.co.jp>




波乱の連続で幕開けしたじゃんけん大会!

記念すべき第1回目から波乱の連続が巻き起こりました。選抜常連組が次々と脱落、小嶋陽菜以外は全て選抜落ちをしてしまったのです。そんな中優勝したのは内田眞由美でした。それまで選抜入りすら果たしていなかった彼女が突然センターの栄光をつかんだのです。このチャンスを生かし、公演でも人気を集めた他、オーナーとして焼き肉店を経営するなど、実業家としての一面も披露するようになるのです。


内田眞由美
<出典:www.nikkansports.com>





第2回優勝者は篠田麻里子でした。年長者の彼女はメンバーから慕われることが多く、「マリコ様」と呼ばれていたのです。プレゼントされた楽曲「上からマリコ」では彼女のキャラクター全開の楽しい雰囲気が満載で、親しみのある女王様キャラを確立しました。



篠田麻里子
<出典:www.nikkansports.com>






埋もれていた才能が一気に表面化!第3回、4回優勝者は?

第3回も波乱が起こりました。これまでインディーズを含め必ず選抜に選ばれていた小嶋陽菜が敗退。初の選抜落ちを経験するのです。そんな中優勝したのは島崎遥香でした。9期生として将来のエース候補と呼ばれていた彼女でしたが、なかなか結果が出ませんでした。

しかしこの優勝により一気に脚光を浴びます。握手会におけるファンへの冷たい反応や、テレビでのマイペースぶりが「塩対応」と呼ばれ、一つの個性として広く受け入れられるようになったのです。





島崎遥香
<出典:laughy.jp>






第4回の優勝者は松井珠理奈でした。1回戦から全てパーで勝ち上がり、一部では「八百長では?」などと揶揄されましたが、本人はそれを逆手にとってネタにするなど強い一面をみせました。提供された楽曲「鈴懸の木の道で~」は、タイトルの総文字数が76字ととても多く、覚えきれないとの意見が多数出ました。論争の結果「鈴懸なんちゃら」という略称が定着し、楽曲の発売前から何かと話題を呼びました。






松井珠理奈
<出典:news.nicovideo.jp>





ソロデビューの栄冠をつかんだ第5回、6回メンバーは?

第5回から優勝者にはソロデビューの権利が与えられることとなりました。そんな中勝ったのは渡辺美優紀。小嶋陽菜との決勝戦では、お互いほんわかしたキャラクターのせいか緊迫感とは程遠いものとなったのです。

しかしその後のインタビューでは涙ながらに強い決意を見せます。「ファンの人に恩返しがしたい」。同年行われた総選挙ではランクダウンしてしまった彼女が、このソロデビューをきっかけに再浮上を誓ったのです。






渡辺美優紀
<出典:mdpr.jp>







第6回優勝者は藤田奈那です。彼女も第1回優勝者の内田眞由美同様、これまで選抜入りすら果たしていなかったメンバーでした。

決勝戦では6回のあいこの末、辛抱強くパーを出し続けて勝利した彼女。「所詮選抜常連組が勝つ」と噂のあったじゃんけん大会で久々に誕生した新星に、総監督高橋みなみも「じゃんけん大会は八百長じゃねぇ!」と強く宣言しました。







藤田奈那
<出典:news.infoseek.co.jp>







シンデレラストーリーを今後も見逃すな!

以上見てきたように、じゃんけん大会には新たなスターが誕生する楽しみがあります。今度の「最強運」を持ったシンデレラは誰になるのか、興味が尽きないものとなっています。

タグ AKB48
コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

48グループの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!