今日からサク読み!トレタメアプリ


現在、毎週日曜午前8時より放送中の『仮面ライダーエグゼイド』で、ついにヒロイン・ポッピーピポパポが「仮面ライダーポッピー」へ変身!

正規ヒロインが自身専用のアイテムによって変身した仮面ライダーは彼女が初めてでしたが、これまでの平成仮面ライダーシリーズには、ポッピーの他にも女性仮面ライダーが登場していました。

今回は、女性仮面ライダーたちを紹介しながら、彼女たちが「仮面ライダー」として戦うことになった理由・原因、そして物語でどんな活躍をみせたのか振り返っていきましょう。

※今回は公式で「女性ライダー」とされている量産型ではない仮面ライダーのみの紹介です。変身できなかった、もしくは変身しかけたメンバーも除いています。


初の女性仮面ライダー『仮面ライダーファム』

仮面ライダーファム
出典:©石森プロ・東映「仮面ライダー龍騎」より
劇場版「仮面ライダー龍騎EPISODE FINAL」とTVスペシャル「13RIDERS」に登場した仮面ライダーファム。

霧島美穂(演:加藤夏希)が変身した仮面ライダーです。

仮面ライダーシリーズで初めて女性が変身した仮面ライダー(公式)で、真っ白なその姿は作中で強いインパクトを放っていました。

仮面ライダー同士の殺し合いに参加していた理由は姉を蘇生させるため、そして姉を殺した仮面ライダーへの敵討ち。

マルチエンディングの「仮面ライダー龍騎」のストーリーのなかではいずれも勝ち残ることはなく、劇場版ではかすかに想いを寄せていた真司になりすました「仮面ライダーリュウガ」によって瀕死の重傷を負わされます。最期は本物の真司(龍騎)によって救い出されるものの、そのまま力尽きライダーバトルから脱落。

初の女性仮面ライダーにして、非常に悲しい結末を迎えています。


1 2 3 4 5>>

1 / 5

この記事をみんなにシェアする

アニメ・ゲーム・声優の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!