バンドに大変身したWonder Girls!愛されている理由は?

Wonder Girlsがバンドとして帰ってきた!

Wonder Girlsはもともとレトロ風の曲を主に活動してきていました。

しかし、2015年8月3日に3枚目のフルアルバム「REBOOT」でバンドを結成し、華麗にカムバック
Wonder Girls
<出典:ja.fanpop.com>

前メンバーだったソヒは俳優になるために脱退し、ソンイェは家庭に集中するためにマネージメントであるJYPエンターテインメントとも契約をも解約し、脱退しました。

そこで、元メンバーだったソンミが合流しフルアルバムのタイトル曲「I FEEL YOU」で4人組のバンドを組み、既存のコンセプトはまるで別グループのようなコンセプトで活動したのです。

 


Wonder Girlsの活動


Wonder Girlsは2007年、アルバム「IRONY」でデビューしました。
Wonder Girls
<出典:southkoreaaddict2.blogspot.com>

いろいろな苦労をしながらも、2008までいわゆる全盛期を経験。全盛期には、「TELL ME」「SO HOT」などの曲をリリースし、メンバー全員大スターになり、グループの名を韓国全国に知らせることができました。

2009年からも「NOBODY」「2DIFFRENT」「TEARS」などの曲を発表し、K-POPシーンを盛り上げ、その後はアメリカ進出も達成しさまざまなプロモーションを行いました。

2011年から2014年までは「BE MY BABY」「LIKE THIS」を発表して、Wonder Girlsの威力を思い知らせました。

そして2015年。彼女たちはバンドとしてカムバックしたのです。

 


Wonder Girlsメンバー紹介!

Wonder Girlsは、現在4人組のバンドとして活動しています。

ユビンラップとドラマーを担当。
wondergirls ユビン
<出典:www.wowkorea.jp>

イェウンは、メインヴォーカルとキーボードを担当。
wondergirls イェウン
<出典:contents.innolife.net>

ソンミはリードヴォーカルとベース担当。
wondergirls ソンミ
<出典:contents.innolife.net>

ヘリムはギターとサブヴォーカルを担当。
wondergirls ヘリム
<出典:prcm.jp>

バンドとしてカムバックしたWonder Girlsは、約2年の休憩の間にそれぞれ担当の楽器の練習をし、その成果を発揮し、演奏力も評価されました

その結果、ニューアルバムは大成功し、各種の音楽サイトで一位を取るなど、第2の全盛期を迎えています。

 

これからのWonder Girlsは?

Wonder Girls
<出典:japanese.kdramastars.com>

Wonder Girlsは、新しくバンドの体制をとって、それぞれソロでの活動も始めるなど、さまざまな活動を精力的に行っています。

全盛期が一度きりとは限らない。そう体現してくれたこれからのWonder Girlsの活動はさらに世間の注目を浴びることとなるでしょう。

コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

K-POP・韓流の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!