2,552 views

聖夜を彩る「アマガミ」という作品

皆さん、こんばんは。前回の記事をご覧いただいた方はお久しぶりです。oranGです。

前回の2015年秋期アニメOP&ED特集いかがでしたでしょうか?
楽しんでいただけたのなら幸いです。

ライブレポと作品紹介をするはずが……。

前回文末、次回予告で「次回はEGOISTのライブのレポと『ハーモニー』について」と言いましたね。
今か今かと待っていましたがライブまでの指折りよりも、ブログ更新のほうが早く回ってきてしまいました。
本日は12/16なのです。
追加公演は12/26。まだまだ先じゃないですかーーー!!!!


<出典:www.youtube.com>

ツアーファイナル用にティザー動画がアップされました。
なにやらツアーファイナルにして名前が変更され、唯一感が増されています。
更には、いのり・chellyちゃんに何が起こるのか……。
今から気が気じゃありません。当時までどんな気持ちでいればいいんだーーー。

個人的に去年の年末showcaseではryoさんの手がけた「ブラック★ロックシューター 」のカバーや、supercellの「My Dearest」のカバーがあったりと年末はとてもうれしいプレゼントをくれるので、今年最後のライブでは何をサプライズしてくれるのかとても楽しみです

redjuice×EGOIST×Project Itoh イラスト展
色々と待ちきれない方は、我らがredjuiceさんの描いたイラスト展が中野で開催されるれます。
ツアーファイナルのチケットを持って行くといいことがあるそう。
詳しくはコチラをクリック↓
「redjuice×EGOIST×Project Itoh展」

ということでここで盛大にEGOISTの告知をさせていただいたところで、ライブレポは次の回、ハーモニーにはBD/DVD発売に合わせて準備しようと思うので、お待ちいただいていた人が居ましたらすみません。

もーーうしばらくお待ち下さい!!


クリスマスアニメとして外せない作品の一つ


書きたいことが書けなくて萎えていた私ですが、外がイルミネーションでキラキラと輝き、カップル達が手を繋いで寄り添い合う、こんな時期に一人肩を寄せた程よい冷たさのアパートの壁で思いついたのです。

一人なら、一人で出来るクリスマスがあると!!!

クリスマスに外せないアニメ。我ら男子たちの夢を集めた作品「アマガミ」を!!!

アマガミ <出典:blogs.yahoo.co.jp>

ということで今回はTVアニメ「アマガミ」の方をご紹介したいと思います。
クリスマス一人で過ごそうとしているそこのアナタ!我らの幸せはレンタルショップにありますよ!!

「アマガミ」とは

主人公の少年はとある過去の経験から、
クリスマスに苦手意識をもっている高校2年生。

すっかり恋に臆病になった彼は彼女を作ろうともせず、
憧れの先輩「森島 はるか」を遠目から眺めるだけの
寂しい学園生活を送り続けています。

そんな生活を続けていた主人公は、吐息が白くなり始めたある日、
憧れの先輩とクリスマスを過ごすチャンスは
今年が最後である事に気付きます……

何もしないまま高校生活を終えて本当にいいのか?
……いや、このままでは駄目だ!

主人公は恋に対する苦手意識をなんとか跳ね除け、
今年のクリスマスは女の子と過ごせるようにと一念発起します。

優等生の学級委員……
転校して来た下級生……
そして、憧れの先輩……

様々な女の子と出会い……主人公の迎えるクリスマスとは!?

出典:http://www.amagami.info/

というストーリーからなる甘い青春ラブストーリーです。
原作は2009年にプレイステーション2での発売。後に2011年以降はPSPやPSvitaなどのポータブルゲーム機にも移植されます。
それにより、身近に持ち歩いて遊べるようになりました。

プレイステーション2 <出典:www.amazon.co.jp>

2010年にはTVアニメ化を果たし、「アマガミSS」としてTBS系列で2010年7月1日~2010年12月23日まで放送しました。

アマガミss <出典:play.google.com>

あまりの人気から2012年からは「アマガミSS+」として二期目を放送。

アマガミSS+ <出典:blog.goo.ne.jp>

一期目とは違いワンクールでの放送でした。
しかし原作以降の話を多く盛り込むことで、ファンの期待に大きく答えてきました。

また、原作宣伝番組として「インターネットラジオステーション 音泉」にて、「良子と佳奈のアマガミ カミングスウィート!」が。2009年3月16日~2012年9月17日まで約三年半も放送。数々の神回を残し、幕を引きました。

「アマガミSS」という作品と他のゲーム原作アニメの作品との違い

アニメ版「アマガミSS」の放送スタイルについてお話したいと思います。

昨今のいわゆるギャルゲーと呼ばれるゲームを原作に持つアニメ作品のアニメ化パターン
メインヒロインルートを主軸とした正規ルートのストーリーを展開する
②原作キャラの人気投票で上位に輝いたファンから人気の高いキャラを主軸にして物語を展開する
以上二パターンが多くとられる手法であります。

SHUFFLE <出典:yaplog.jp>
(SHUFFLEは青春期の私に一番衝撃を与えたヒロイン選択だった作品でしたね。)

このパターンで取られる手法の長所は決められた尺の中で原作の流を崩さずにアニメ化することが出来る。
短所といえば(カップルになって幸せになる)ヒロインが一人しか発生しない。
というものでしたが、今まではそのような手法で数多くの作品をアニメ化してきたのです。

しかし、このアニメ版「アマガミss」では新たにオムニバス形式での作品展開を採用しました。

オムニバスとはいくつかの独立したストーリーを並べて、全体で一つの作品にしたもの。

今までは一人ヒロイン攻略に12話、24話分費やしていたものを、はじめから立てるヒロインを決めることで、効率的に話を進めていったのです。

なので、彼女らの感情の起伏など、今までの尺では語れていたものが語りきれたかといえば疑問は残るかもしれません。
ですが、原作において他のゲーム作品のような大きな物語展開(敵勢力との交戦など)がなされるかといえば、そうでもなく、至って日常のお話をするものでしたので、尺を多く必要とせずに物語を進行できていました。
今作品に関してはこのオムニバス形式が非常にマッチしていたということですね。

Blu-ray アマガミSS +plus 全7巻セット <出典:blog.goo.ne.jp>

前置きが長くなりましたこの前提を踏まえますと、「アマガミSS」では6人のメインヒロイン×四話+ボーナス回一話=25話
という形で、各ヒロインに四話分の時間が与えられる形になりました。
原作で好きなヒロインが決まっていたファンは自分の推しの回が来るまで首を長くして待ちわびたものです。

「アマガミSS」のキャラクター

以下のURLからメインヒロイン6人のビジュアルと設定が掲載されています。
公式ホームページ内キャラクター紹介はコチラ

メインヒロイン6人 <出典:blogs.yahoo.co.jp>

基本的に、先輩、同級生、後輩。ツインテール、黒髪ロング、癖っ毛。
などなど属性は抑えつつキャラ作りされていますので、あなたのツボのキャラもいるはず

これを見て推しキャラを探して下さい。

「アマガミSS」というフェチシズム

アマガミの何がそんなに良かったか?
それは日常に棲むフェチシズムをことごとく暴きだしていったことにあります。
ここではアマガミの制作陣のネジの飛び様を御覧ください。

まずご覧頂きたいのは「森島はるか編」からこちら

森島はるか編 <出典:http://lipcre.sakura.ne.jp/>

状況証拠的には女の子のスカートをのぞこうとしている男子の図です。
注釈しておくと、主人公の男子橘純一がヒロイン森島はるかにキスをせがまれ、考えた末に出した答えが「膝の裏」だったのです。「ひ・ざ・の・う・ら」ですよ!!

世の中で一般的なフェチといえば足フェチ声フェチなどだと思います。
しかし、ここで主人公がとっさに選び出した答えは「ひ・ざ・の・う・ら」、いくら唇がハードル高いとはいえ…。
ですが、全国の男子がこの回で「膝の裏というのもありだな!」と違う扉を開けてしまったのではないでしょうか!?いや、そうに違いなしですね!!

この場合はただ「膝の裏」という部位が好きというと語弊が出てしまいますね。
補足をすると、スカートの裾からパンツが見えそうで見えないのを感じながら、隠されてない「膝の裏」にたどり着くという一連のプロセスが大事だと思われます。
(変態ゆえの力説じゃないよ!変態紳士故だよ!!)

続いては「七咲逢編」からこちら

七咲逢 <出典:http://lipcre.sakura.ne.jp/>

ハイ、これも注釈がいる画像になってしまいましたね。

「(膝の上の猫がいなくなり)そんなに見たいんですか?」
「えっ!?」
「見たいんですよね?スカートの中」
「み、見たいかって言われたら、それはその…」
「じゃあ見せてあげます(ぺろっ)」
「どひぃ!?み、見てないぞ!?僕は見てないぞぉ!?」

って言った後に先ほどの画像です。

今時の高校生は恐れをしらないな~(鼻血)

ということで、パンツじゃなくて、スク水だから見られても平気!!

すごい思考です。ごちそうさまでした。

他にも手が寒いからと言って、スカートのポケットに手を入れて暖をとるシーンもあるのですが、格好的には男子が女子を後ろから抱擁しているようにも思える描写ですが、手はポケットの中……。なんとうらやまけしからんのでしょうか!!

最後にド・ストレートなフェチ、「桜井梨穂子編」より

桜井梨穂子 <出典:http://howkspride.blog133.fc2.com/>

こちらは主人公が梨穂子の足の爪を切ろうとするところですね。
制服の女の子の爪を切ってあげようとするとこんなアングルが楽しめr…もとい、
「僕は爪を切るだけ…爪を切るだけなんだからな。。。(鼻血)」

切りにくい足の爪を切ってあげようと親切心のはずが……。
視線の先にはまさかの……。

このアニメには男のロマンが沢山です。。。

血がいくらあってもたりませんよ。

「アマガミ」がフェチ

ご覧頂きいかがだったでしょうか?
クリスマスの一週間前にお届けしました。
今回のテーマ「アマガミ」。気づいたらこの作品と幾回の冬を過ごしてきました。
ゲームでしか味わえない自分が主人公であるという没入感も大事ですが、まずはアニメ作品から入ってみるのがいいと思います。

アニメではゲームでは描ききれていない、フェチ的描写が沢山入ってます。
既存のフェチというものも沢山ありますが、「アマガミ」ではそのフェチの真髄を描いています
「アマガミ」そのものがフェチの概念まで上昇してきているともいえます。

「アニメ作品」を見て気に入ればゲーム作品、さらにはメディアミックスされているコミック。
ラジオCDは格別にオススメでもあります。耳が癒やされますね。

クリスマスを一人で寂しく過ごしてしまいそうなそこのアナタ!!
1ヒロイン二時間ほどで見れる作品になってます。
気になるキャラの話数をレンタルして、彼女たちとの日々に少し心を温めてささやかな聖夜をお過ごしください。

メリー・クリスマス!!


本日のアニソン的名言
「スカートをめくると水着だなんて、ものすごいインパクトなんだぞ!」
(アマガミ「橘純一」)

カテゴリー
コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

スタッフブログの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!