1,147 views

10月25日より開催される第30回東京国際映画祭。今年のアニメーション特集は「映画監督 原恵一の世界」です!

原恵一監督といえば、『映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲』や『映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦』などのクレしん映画。大人も泣けるアニメとして大きな話題となりましたよね。

今年でデビュー30周年となる原恵一監督。今回の特集では、原恵一監督の代表作が7作品上映されます!各回上映後には、豪華ゲストを迎えた原恵一監督によるトークショーも実施。アニメ好きにはたまらない特集となっています!

というわけで今回は、上映予定の作品&登壇者を一挙紹介!みなさんの思い出に残っている作品も多いのでは?

『映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦』


戦国時代にタイムスリップしてしまった野原しんのすけ。ひろしやみさえとも離れ離れ……はたして無事現代に戻ることができるのか!?

しんのすけと又兵衛の友情、ひろしとみさえの家族愛、そしてラスト間際の号泣シーン……歴史とSFとギャグをミックスした最高の感動作です!

【上映日&登壇者】

10/26(木) 『映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦』
原 恵一(映画監督)×中島かずき(劇作家・脚本家)

『映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲』


20世紀博に夢中になり子供のように遊び回る大人たちと、いつものひろしやみさえを取り戻そうとするしんのすけ……。オトナ帝国の陰謀に挑む物語!

昭和の懐かしい風景が細かく描写され、大人も楽しめる映画としても話題になりました。しんちゃんが階段を駆け上がる場面は名シーン。人生で一番泣いたという人も多いのでは?

【上映日&登壇者】

10/27(金) 『映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲』
原 恵一(映画監督)×樋口真嗣(映画監督)

『河童のクゥと夏休み』


小学生の康一と、子どもの河童クゥとの出会い。環境問題や社会問題を風刺しながら、優しさにあふれた2人の友情を描いています。

原作は木暮正夫さんによる児童文学。原監督が20年もの間アニメ化したいと願い続けた作品です!

【上映日&登壇者】

10/28(土) 『河童のクゥと夏休み』/原 恵一(映画監督)×上川隆也(俳優)

『エスパー魔美 星空のダンシングドール』


原恵一監督のデビュー作。1987年~1989年に放送されたテレビアニメ「エスパー魔美」の劇場版です。

原作は「ドラえもん」などでお馴染みの藤子・F・不二雄さん。超能力を使える女子中学生・佐倉魔美が、エスパーを使って人助けをしていく物語です!

【上映日&登壇者】

10/29(日) 『エスパー魔美 星空のダンシングドール』ほか/原 恵一(映画監督)

『百日紅〜Miss HOKUSAI〜』


主人公は葛飾北斎の娘で、23歳の才能豊かな浮世絵師・お栄。恋については不器用ですが、浮世絵への情熱は人一倍熱い女性です。江戸の人々の暮らしや、妖怪騒ぎなどを描いた”浮世エンタテインメント”。

原作は漫画雑誌『ガロ』や『漫画サンデー』で活躍し、46歳の若さで亡くなった杉浦日向子さん。原恵一監督も敬愛していた漫画家の一人だったようです。

【上映日&登壇者】

10/30(月) 『百日紅〜Miss HOKUSAI〜』/原 恵一(映画監督)×富貴晴美(作曲家)

『カラフル』


一度死んだはずの<ぼく>は、突然現れた天使に選ばれ、「小林真」という中学生としてもう一度人生をやり直すことに。生まれ変わった小林真の、家族や友人たちとの複雑な人間関係を描きます。

原作は森絵都さんによる児童文学作品。森絵都さんは、テレビアニメ化もされた『DIVE!!』シリーズや、直木賞を受賞した『風に舞いあがるビニールシート』などでも有名です。

【上映日&登壇者】

10/31(火) 『カラフル』/原 恵一(映画監督)×町山智浩(映画評論家)

『はじまりのみち』


原恵一監督の初実写作品。映画監督・木下惠介生誕100年プロジェクトの一つとして製作されました。加瀬亮、田中裕子、濱田岳、ユースケ・サンタマリア、宮﨑あおい(ナレーター)などの豪華キャストが出演しています!

【上映日&登壇者】

11/2(木) 『はじまりのみち』/原 恵一(映画監督)×加瀬 亮(俳優)

東京国際映画祭は10月25日からスタート!

さて、アニメーション特集「映画監督 原恵一の世界」の上映作品を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?気になる作品はありましたか?

大きなスクリーンで観ることができる機会はなかなかないので、ぜひこの機会に東京国際映画祭へ足を運んでみてください!

■アニメーション特集「映画監督 原恵一の世界」開催概要

【会場】TOHO シネマズ六本木ヒルズ
【料金】一般 1,300 円、学生 1,000 円、当日学生 500 円(上映当日 0:00〜)
【日時・タイトル・ゲスト】
<10/26(木)>
『映画クレヨンしんちゃん 嵐をよぶ アッパレ!戦国大合戦』
原 恵一(映画監督)×中島かずき(劇作家・脚本家)
<10/27(金)>
『映画クレヨンしんちゃん 嵐をよぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲』
原 恵一(映画監督)×樋口真嗣(映画監督)
<10/28(土)>
『河童のクゥと夏休み』/原 恵一(映画監督)×上川隆也(俳優)★
<10/29(日)>
『エスパー魔美 星空のダンシングドール』ほか/原 恵一(映画監督)
<10/30(月)>
『百日紅〜Miss HOKUSAI〜』/原 恵一(映画監督)×富貴晴美(作曲家)
<10/31(火)>
『カラフル』/原 恵一(映画監督)×町山智浩(映画評論家)
<11/2(木)>
『はじまりのみち』/原 恵一(映画監督)×加瀬 亮(俳優)

↓↓詳しくはコチラからご確認ください。↓↓
第30回東京国際映画祭オフィシャルサイト

原 恵一

1959年群馬県出身。『映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲』(01)『映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦』(02)が、大人も泣けるアニメ映画として高い評価を得る。その後『河童のクゥと夏休み』(07)『カラフル』(10)、実写映画『はじまりのみち』(13)を監督。『百日紅~Miss HOKUSAI~』(15)は、国内外で主要なアニメーション賞を受賞。

©藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 1988
©藤子プロ/シンエイ
©臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2001
©臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2002
©2007 小暮正夫/「河童のクゥと夏休み」製作委員会
©2010 森絵都/「カラフル」製作委員会
©2013「はじまりのみち」製作委員会
©2014-2015 杉浦日向子・MS.HS/「百日紅」製作委員会

1 / 1

この記事をみんなにシェアする

アニメの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!