BESTieの弟分!KNK(クナクン)のメンバープロフィール


101,932 views


■KNK(クナクン)は飛びきりの苦労人が集まった!?

クナクン(KNK)のメンバーたちは、平均5年という長い練習期間を経た新人にふさわしくない実力を持っています。同期には、B.A.Pや防弾少年団など、随分と前にデビューを果たしすでに成功をおさめている人気グループばかり。


当初は同じように練習期間を過ごした仲間たちが次々とデビューしていくことに焦りもあったとか・・・。平均身長も高ければ、新人にして平均年齢がかなり高めということもあり、本当にアイドルとしてギリギリのデビューだったのです。


デビュー前からYNB boysとして活動しており、事務所の先輩であるBESTieの楽曲「ニガピリョヘ(あなたが必要)」でダンサーを務めたり、SNSやセルカでのファンとの交流も盛んに行われていたため、ずっと追いかけていたファンは「やっとか・・・」という感じですね。




■背が高いだけじゃない!KNK(クナクン)の今後に注目

2016年2月29日午後、ソウル・イルジアートホールにて開かれたデビューショーケースで、華々しくデビューを飾ったクナクン(KNK)。一番背の高いスンジュンは「188cmで長身メンバーの中でも一番大きいです。


小さいころに祖母がミミズを捕まえて汁を絞り出し食べさせてくれていて、それが長身に効いたのでしょう!」と高身長の秘訣を明かし、会場を沸かせました(笑)マンネのヒジュンは「僕は180cmあるのにチビ担当!」と話し、これまた爆笑の渦に・・・!


デビュー曲である「KNOCK」は歌手イ・スヨン「フィリリ」、BoA「アトランティスの少女」などのヒット曲を作曲したファン・ソンジェ率いるプロデュースチーム「ButterFly」が手掛けた話題作です。


また、「KNK」の年長ユジンがラップメイキングに参加し、メンバーが自ら手がけた部分も多い思い入れのある作品に仕上がりました。



新人にしてベテランのような貫禄、技術、才能を兼ね備えたクナクン(KNK)。先にデビューした練習生仲間の背中を追いかける立場ですが、同じステージに立てる日はすぐそこ!
クナクンの今後の活躍に注目しましょう!

1 2

2 / 2

この記事をみんなにシェアする

K-POP・韓流の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!