弟のために一つになった!最年少橋本良亮の加入がきっかけで変わったA.B.C-Z

A.B.C-Zは、最年少の橋本良亮が弟として加入する前は、A.B.Cとしてメンバー4人で活動していました。
A.B.C-Z
<出典:laughy.jp>

既存のグループに1人のメンバーが加入してA.B.C-Zとして生まれ変わった背景には、どのようなエピソードが眠っているのでしょうか。

 

急にできた弟を育てたのはメンバーの河合郁人に塚田遼一

グループの名前のA.B.Cというのは、アクロバットボーイズクラブの略です。

<出典:www.youtube.com>

メンバー全員がアクロバットを得意としているためつけられた名前ですが、最年少で加入した橋本良亮さんは、加入当初アクロバットがほとんどできない状態でした。

A.B.C-Zはアクロバットだけのグループではありませんが、橋本良亮さんがA.B.C-Zの前に所属していたグループとは、ダンスの系統も難易度も異なっていました。

<出典:www.youtube.com>

いきなり6つ以上年が離れている人達のグループに所属することになった橋本良亮さんに対して、メンバーの河合郁人さん塚田僚一さんは、弟をかわいがるようにアクロバットやダンスを教えていきました。
河合郁人 塚田僚一
<出典:prcm.jp>

今のA.B.C-Zのパフォーマンスが完成しているのは、必死にダンスを教えたお兄ちゃんたちの頑張りがあったからこそです。

 


ご飯に悩み相談!優しいお兄ちゃん戸塚祥太


A.B.C-Zに最年少として加入した橋本良亮さんを、ダンスなどのパフォーマンス以外から支えた人がいます。
それが、戸塚祥太さんの存在です。
戸塚祥太
<出典:prcm.jp>

戸塚祥太さんは、最年少の橋本良亮さんをご飯に連れていったり、遊びに連れていったりとプライベート面から支えとなった人物です。
今まであまり話したことがないお兄ちゃん4人と同じグループになり、戸惑うことが多かった橋本良亮さんを支えたのが、プライベートでご飯に連れていき悩みの相談に乗った戸塚祥太さんの存在が大きいのですね。

 


最年長として暖かく見守った五関晃一

最年少として加入した橋本良亮さんと最も年の離れているメンバーが、8つ年が離れている五関晃一さんです。
彼は、急にできた8つも年が離れた弟を様々な形で支えていきました。
五関晃一
<出典:www.suruga-ya.jp>

戸塚祥太さんと同様に、何度もご飯に連れていき、ダンスの振り付けを行っている五関晃一さんも他のメンバーと一緒にダンスの指導を行いました。
プライベートもパフォーマンスも総合的に支えていった最年長の五関晃一さん、そしてメンバー一人一人がそれぞれの形で支える形で最年少の弟を育てていったのです。

全員が一つになって育て上げた弟橋本良亮

A.B.C-Z
<出典:lineq.jp>

急にできた弟橋本良亮を嫌な顔一つせず受け入れ、メンバーそれぞれが自分に出来る形で育ててきた結果、今のA.B.C-Zが存在します。

弟を育てることで、メンバー愛が生まれ、一つのグループとして結束力も高まっていったのでしょう。
強い絆で結びついた彼らのパフォーマンスがこれからも楽しみですね。

タグ A.B.C-Z
コメントを投稿する

1 件のコメント

  • おいた says:

    これまでも彼らを応援してきましたが、とても心暖まる話で胸が熱くなりました。
    これからもずっとA.B.C-Zを応援したいです!

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

ジャニーズの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!