注目度No.1!『君の名は。』を3倍楽しむ為の大特集!


4,275 views



主演の神木隆之介さんは新海誠監督の大ファン!?

今回の作品の主人公・瀧を演じるのは、俳優の神木隆之介さん。

出典:©2016「君の名は。」製作委員会
映画『君の名は。』(@kiminona_movie) twitterより



幼いころからスタジオジブリの『千と千尋の神隠し』の坊役をはじめ、記憶に新しい細田守監督の『サマーウォーズ』など声の仕事も多く経験してきた神木さんですが、実は昔から新海誠監督の大ファンでアフレコの際には監督にその愛を語ったというエピソードも話題になりましたね。

神木さんは新海誠監督の描く空が好きで、青々とした空はもちろん緑がかった空がいちばん好きです!とさまざまインタビューで前のめりになるほど監督や作品の魅力を誰よりも熱心に伝える姿が印象的でした。

新海誠監督も、そんな神木さんの声とお芝居は『思い描いていた理想』とその熱意はもちろん実力に感嘆しています。

出典:©2016「君の名は。」製作委員会
映画『君の名は。』(@kiminona_movie) twitterより



もう一人の主人公・三葉を演じるのは、オーディションで選ばれた上白石萌音さん。

女優や歌手としても活躍されていて、たとえ何百人の声を聞いたとしても、三葉役は上白石さんに決まったと監督が太鼓判を押すほど。ちなみに監督は上白石さんのことを『萌音ねん』と可愛らしいニックネームで呼んでいます(笑)

アフレコの際には、身体だけが入れ替わってしまうという設定のため、お互いに異性の声を表現するのがとても難しかったようです。

神木さんは中身だけ三葉になった状態での演技で、肩をすくめたり内股になってしまったりと仕草まで女の子になってしまい、上白石さんに指摘されたそうです。

RADWIMPSが彩る『君の名は。』の音楽

劇中音楽を担当するのはRADWIMPS。

RADWIMPS <出典:https://www.barks.jp/news/?id=1000129156>


今回、作品に登場するすべての音楽をRADWIMPSが手掛けており、8/24に発売されたニューアルバム『君の名は。』には、予告編でも使用されていつ主題歌「前前前世」お含むボーカル曲4曲と劇伴22曲の合わせて27曲をも制作しました。

RADWIMPSの起用のきっかけとなったのは、何を隠そう監督自身がRADWIMPSのファンだったから!

実現の可能性も考えずRADWIMPSが好きとプロデューサーに話したところ、ボーカルを務める野田洋次郎さんと会う機会に恵まれ一緒にやりましょうと決まったそうです。

数年前にふとRADWIMPSの楽曲を耳にし、すぐにファンになったという監督。


出典:youtube©voque ting co.,ltd.
前前前世 (movie ver.) RADWIMPS MV


『君の名は。』の作中では、音楽が場を支配するシーンがいくつも登場し、音楽の存在がとても強い印象として残ります。

1年以上をかけて、そんな演出をつくりあげるために制作を続け、脚本のイメージからRADWIMPSが曲をつくり、その曲を聴きながら監督は絵コンテやを描く。それを見たRADWIMPSがまた曲を書き、それを受けてまた演出を変える。そんな積み重ねで出来上がった音楽たち一曲一曲は、まさに作品のキャラクター(登場人物)と言えるでしょう。

RADWIMPSと新海誠監督がともに紡ぎだした1年半の物語。

目で、そして耳でも『君の名は。』をすみずみまで感じてください!



1 2 3 4>>

3 / 4

この記事をみんなにシェアする

アニメの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!