女性声優の百合百合なエピソード!

今やネットラジオやニコニコ動画生放送において、連日アニメ関連の広報番組を声優さん方が行う場面が増えてきています。
そんな中でも女性声優さん同士の絡みのあるラジオでは仲睦まじい様子が見ることができます。

 
男性ユーザーの皆さん、女性ユーザーの皆さんも、女性声優好きの方なら共感できるほっこり・にやにやエピソードご紹介します。




若手声優内随一の女性好き 『佐倉彩音』





佐倉彩音 <出典:laughy.jp>
 
やはり最近のラジオなどでこの方は外せません。
佐倉彩音さん(以降 佐倉さん)といえば矢作紗友里さん(以降 矢作さん)との「矢作・佐倉のちょっとお時間よろしいですか(以降 ちょろい)」などが有名ですよね。

 

今回ご紹介する彼女のエピソードとしては、内田真礼さん(以降 内田さん)と行っている「ガンガンGAちゃんねる」においての”撫で合い”です。

 
番組内での新作文庫の告知の際、片方が原稿を読んでいる時には、空いている人(読んでない人)が原稿を読んでいる人の頭を撫で続けるというパートがございました。作家さん頭おかしいのではないか!?(とても褒めてます。)

 



 
そんなパートで、告知先行の佐倉さんが告知を読み始めると内田さんは優しく、ソフトに頭をポンポン、ナデナデ。
内田さんのちょっと遠慮がちな手の触れ方、佐倉さんの口元に手を置きながらの照れ方たまりませんね。

 
攻守交代して内田さんが告知を読み始めると、佐倉さんがここぞとばかりに気合を入れて攻め始めます。
 
まずは前髪をナデナデ、そこから内田さんの視覚に入るように身体をグイッと前に。
 
びっくりして内田さんも照れまくり。
 
そこから撫でている手を側頭部から内田さんの黒く長い髪をなぞるように毛先へ。
 
毛先をいじってからまた、頭頂部をポンポン。
 
髪の毛を手ですいては、内田さんを覗き込み、照れる内田さんはたじたじ。。。
 
見ているこっちまで顔が真っ赤です。
 
「ちょろい」では矢作さんにいじられ、「彼氏いたことがない」「電話帳の友達は片手で数えられるほど」と、『ボッチ』『コミ障』とネガティブ発言をしてますが、同年代、自分が好きな人に対してはこれでもかというぐらいにスキンシップを取っていきます。

 
コレが実際の百合に繋がるかは本人のみぞ知る世界ですね(笑)

 


高校生の頃からの仲 『小倉唯』


 
皆さんお待ちかね。「ゆいかおり」の小倉唯さん(以降 小倉さん)です。
 
2011年、当時高校生で「神様のメモ帳」の「アリス」で初のメインヒロインを演じてから、数々の先輩から可愛がられてきた彼女ですが、年の近い石原夏織さん(以降 石原さん)の前では素がでてしまいがち。

 
ここでは「ゆいかおり」の石原さんと二人でお送りしてた「ゆいかおりの実♪」での一幕をお届けします。
 
2012年、若いながら数々のキャリアを築いてきた小倉さんですが、若手の中でも声優雑誌の表紙を飾ることはそうは無いこと。
相当緊張しながらも真剣に撮影に向き合っただろう一枚がこちらです。

 



声優アニメディア 2013年 01月号 [雑誌] 雑誌 <出典:http://www.amazon.co.jp/>


 

ラジオ番組中に、表紙を飾ったことについて相方の石原さんが絶賛するのかと思いきやとった行動がコチラ。
 


 
石原さんがしたのは、まさかの雑誌のポーズの真似。
コレには普段歳は若くとも大人の方々がいる現場で、リアクションをおさえていた小倉さんも思わず石原さんを抑えこむこのリアクション!!
 
この時ばかりは歳相応のリアクションを取りつつも、スキンシップも気軽に行えている仲の良さ。
誰しもが思ったはず「この笑顔、守りたい!」
 
触れ合っている時間が長いと思わず素がでてしまうことがよく分かります。

 
相方が出ている雑誌をチェックするなど、ちゃんと互いを見つめながらお互いに成長していく姿だからこそ、ファンも目が話せないのでしょう。
 
アニメの百合もいいですが、中の人のイチャつきぶりを見ると3次元の百合もいいですね~!彼女たちの花園よ永遠なれ!









コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

アニメ・ゲーム・声優の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!