今日からサク読み!トレタメアプリ


ZE:Aの日本向け派生ユニット、ZE:A Jの2ndシングルが9月に発売されます。そこで、ZE:A Jの日本での活動を振り返り、各メンバーを紹介し、2ndシングルについても少し触れたいと思います。




ZE:A



ZE:Aは「帝国の子どもたち」という意味?

ZE:Aは2010年にスター帝国というプロダクションからデビューした9人のボーイズダンスポップグループです。事務所が小さいところということもあってか、デビュー前はウィングカーという荷台が開くタイプのトラックに乗って韓国の16都市を回り、50回のゲリラライブを行いました。そしてKBSの「ミュージックバンク」という音楽番組でデビューしました。

ZE:A






ZE:Aは「帝国の子どもたち」を意味する韓国語「ジェグクアイドゥル」の頭文字、「ジェ」と「ア」から取ったものだ。というファンの女の子による考案です。

デビュー当初は事務所が小さいということで苦戦続きでしたが、最近はテレビでは見ない日がないほどメジャーな9人になりました。そして、2014年に日本限定ユニットとしてZE:A Jが結成されました。



ZE:A J






ZE:A Jとしてすでに4度の日本ライブを経験

ZE:A Jのデビューが発表されたのは、2014年11月に行われた、ZE:AFive Showにおいてです。ZE:A Jの「J」はもちろん「Japan」のJですが、それ以外に「Joy(楽しませる)」という意味も持っています。

このとき来日したケビンテホンヒチョルミヌドンジュンの5人がメンバーであることを発表しました。日本デビュー曲は「ルーレット」という男らしさを表現した曲で、ケビンとプロデュースチームe.oneの共同制作によるものです。

以来、ZE:A Jとして何度か来日をし、計4回ライブハウスなどでライブを行っています。そして、今年8月には中国進出も果たし、「Marry Me」という曲を発表しました。



ZE:A J






1 2>>

1 / 2

コメントを見る

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事をみんなにシェアする

ボーイズグループの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!