シンメ。

それはジャニ界隈にいれば避けては通れない迷宮ダンジョン。

もともとシンメ=シンメトリーとは左右対称、つまりダンスを含むステージでの立ち位置で対象となる相手のことを指しています。

しかしジャニオタでいうところのシンメとはそんな単純なものではありません。
言うなれば運命共同体。変動が大きいジャニーズJr.のなかでシンメとして活動するということは、お互いの活動に常に関与するということになります。

ジャニーズJr.黄金期の今、様々なシンメが誕生しては解体され、また新しいシンメが産まれry

そんなシンメに尊さを見出してしまったシンメ厨の皆さんお待たせしました(待ってない)

今回のテーマはズバリ!

尊すぎるジャニーズ最強シンメ決定戦

タイプ別で振り返る王道シンメの在り方、そして今伸び盛りのJr.内注目シンメをランキングで紹介!

第1段となる今回は、数多いシンメをタイプを分けてみていきます。

ジャニ界隈の永遠の砦"シンメの在り方"をみんなで一緒に考えていきましょう♪

まるで正反対な「月と太陽」~剛健~

day-and-night-694840_960_720 言わずと知れたV6の森田剛くん×三宅健くんの「剛健コンビ」。

Jr.時代からそのトップの存在として爆発的な人気を誇り、ジャニーズ事務所で初めてJr.メインのコンサートが行われたほど。

Jr.の『シンメ』としてその基盤と伝説を作った二人です。

境遇も正確も正反対の二人、下手したらお互いのことが理解できず反発さえしてしまいそうなのに、人見知りで馴染めない森田くんをキャンキャン引っ掻き回し相方にしてしまった三宅くん。
尊いわ~~~~

V6結成のときに三宅くんが言った『剛がやらないなら、入らない』はもう二人の関係をそのまま表していますね。

仕事に対してもお互いを一番刺激しあいつつ、ただそれだけではない二人の空気感はもはや誰も入り込めません・・・
二人のエピソードは直接的でなく周囲の人達(しかもジャニーズ以外の人からも)から語られることが多く、周りからも温かく見守られていることがわかります。

いざという時に言葉や行動に出るお互いを思い合う気持ちに乾杯!
もうね、宇宙よ宇宙!!10年経っても20年経っても、果てしないねこの二人は!!!!

V6・剛健コンビの深まる愛が尊い…。伝説を残したふたりのエピソード

リア充すぎる永遠のカップル~コヤシゲ~

続いてのカップルじゃなかった夫婦でもなかったシンメはNEWSの小山慶一郎くん×加藤シゲアキくんのコヤシゲ。

小山くんは今でこそニュースキャスターなどでお馴染みですが、金髪チャラ男のグイグイ前へくるTHE・明大生イメージ(いや、ごめんなさい偏見か)で一方の加藤くんは、大人しくてあまり自己主張はしないタイプ。NEWSはジャニーズの若手グループの中でもやっぱり色々なことが多かったグループだと思うんです。

お互いがその才能・努力に嫉妬し、隣に並んでやろう追い越してやろうそんな意志が伝わってくるテゴマスに対し、コヤシゲは一歩引いた立場で見守りしたたかに闘志も燃やす、それはお互いにメンバーにではなく自分自身に対して。
そんな中でお互いの距離感や態度がいい意味で変わらずにやってこれた二人なんだと思います。

発言や行動が似てきちゃうのも(というかシンクロ率高すぎイイ)そういうことです。(伝わってくれ)

テゴマスが『相方』なのに対しこの二人はやっぱり『シンメ』なのです。(伝わってくれ)

画像の説明文


1 2 3>>

1 / 3

コメントを見る

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事をみんなにシェアする

この記事を見た人はこんな記事も見ています

デビュー組の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!