17,953 views

月城かなと 朝美絢

95期の期待のルーキー朝美絢さん・月城かなとさんがトレード組替え!!

宝塚ファンが日頃から頭にいつもあって、しかしあまり考えないようにしていること。


それが「贔屓の組替え」です。


タカラジェンヌは、ただ芸を磨いていけば自然に男役、娘役となっていくわけではありません。

スターになる要素には宝塚ならではの所作や演じ方、そして組カラー、他の組子との交流、そして組ファンによって成長させてもらえる部分があるため、組替えはその培ってきたものの多くを捨てたり変えたりしないといけない、本人にもファンにとっても大きな転機となるのです。


宝塚歌劇の公式サイトで突然に思えるタイミングで発表される組替え。

ファンはいつも組替えに対してなにがしかの理由を見出して納得しようとするものですが、結局それらは推測でしかなくこれまでの数々のスターたちの組替えの歴史を振り返ってみてもそこに明確な法則はありません。


2016年9月30日に発表された組替えも例外なく、私たちファンには突然に思えるものでした。

月城かなと 朝美絢 <出典:twitter.com>

なかでも話題になったのは95期生の同期でもある月組の朝美絢さん、そして雪組の月城かなとさんふたりの「交換組替え」。

このふたりのこれまで歩んできた道と魅力について紹介していきましょう。


2009年入団の95期ブームのワケ





95期生は最近の宝塚史上でもまれな、各5組からまんべんなく新人公演主演者7人、そしてトップ娘役を3人輩出している期です。


個人それぞれが確かな実力を持ち人気も高い上に同期のつながりがわかるエピソードも多く、そこが応援するファンのハートを掴んだ大きな理由となっています。


その人気ぶりからファンのなかでは「「95期ブランド」」という言葉まで生まれたほど…







月組の朝美絢


新人公演2回主演、2015年にはWキャストにてバウワークショップ公演「A-EN」の主演も務めています。

朝美絢 <出典:www.wanibookout.com>

朝美さん演じる学園一のイケメンがプロムに出る冴えない容姿とガラスのハートの女子のために、ひと肌脱ぐというストーリーは現在でもファンの間で語り継がれるほどインパクトがありました。


しかし朝美さんの魅力はそれだけではありません。

「アーサー王」でのランスロットのようなその誰がみてもハッとするイケメンオーラとスタイルに演技に対する真摯な取り組み方と、音楽学校の時代から同期をまとめていたという人望があります。

朝美絢 アーサー王伝説 <出典:kageki.hankyu.co.jp>

また最近になってそのイケメンオーラにさらに「妖しい色気」という武器まで加わります。

トップスター龍真咲さんの退団公演「NOBUNAGA」では、森蘭丸とそしてなんと信長を誘惑するくの一胡蝶、つまり娘役にも挑戦してその妖艶な姿の朝美さんにファンは歓喜しました。


宝塚の娘役は、たいてい男役を立てるために「可愛い」、「つつましやか」が基本にあるのですが、そのためセクシーでいて、妖艶な悪女などの女性を演じるのは不得手なひとが多いもの。


そこで重宝されるのが、男役一時的に演じる娘役となるわけですが朝美さんのきゃしゃなスタイルがそんな女役にピッタリだったということなのでしょう。



雪組の月城かなと


同じく95期生。

新人公演主演3回、2015年バウホール公演「銀二貫」主演。

月城かなと <出典:www.wanibookout.com>

月城さんは、和物を得意とする雪組で宝塚における日本物を自らが継承していきたいとインタビューで意気込みを語っていたほど実は熱い情熱の持ち主。


芝居と歌の確かな実力で彼女が本格的にブレイクしたのは「るろうに剣心」で悲運のキャラクター四乃森蒼紫を演じてからといえます。

月城かなと <出典:prcm.jp>

元々コミックのファンだった人たちをまったく未知のジャンル「タカラヅカ」に引き込んだ雪組。その原動力の間違いなくひとりといって間違いありません。

学生時代は将来英語に関わる職業に就くことを考えていた彼女が、タカラジェンヌを目指したのはやはり雪組の朝海ひかるさんの舞台を観て衝撃を受けたからだそう。

クールビューティという印象が強い月城さんですが、最近では「ローマの休日」でのテンション高く恋するラテン系美容師役でまた違う一面をみせてくれました。


95期ブームの寵児となったふたりの今後は?



個人だけでもひときわ人気の高い95期生たちがそれぞれ組を替わっていくいわゆるシャッフル異動があるのではないかという予測はファンの間でもひそかにされていましたが、今のところはこのふたりのみにとどまっています。


組替えの意義はむしろ行われた後にそのスターがどんな役付きをし、イメージチェンジを図れるかにかかっているといってもよいでしょう。


また実力の底上げのために、またさらに上の番手をつけてもらうなどの元の組では難しいステップアップができるメリットもあります。


これから異動になる組で朝美さんと月城さんがどんな違った輝きをみせてくれるのか、ますます目が離せなくなりそうですね。


筆者名:seikacat

この記事をみんなにシェアする

コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

宝塚歌劇団の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!