13,535 views

生まれながらの天才アーティスト・宇多田ヒカルの残した伝説の数々

両親を音楽家に持つ宇多田ヒカルは数々の伝説を残しています。親の七光りではなく実力でミュージシャンになっており、ヒット曲も出しています。伝説のギタリストとのライブや驚くべき声域について紹介します。

宇多田ヒカル <出典:jp.pinterest.com>

宇多田ヒカルは音楽家の両親を持つサラブレッド

宇多田ヒカルの両親は二人とも音楽家で有名な方です。父親は宇多田照實で音楽プロデューサーをしており、音楽会社の代表取締役も務めています。作詞も行っており1986年に「CURVED MUSIC」や「PRETENDER」のアルバムも手がけています。

母親は演歌歌手で有名な藤圭子です。1960年から70年代に日本で活躍しており、「女のブルース」や「圭子の夢は夜ひらく」でオリコンチャート1位を獲得しています。両親が共に天才音楽家なので宇多田ヒカルはサラブレットといえるでしょう。

宇多田ヒカル <出典:popnxeno.com>

伝説のギタリスト今剛と宇多田ヒカル


宇多田ヒカルが歌姫として人気があるのは実力もありますが、背後には伝説のギタリスト今剛が大きく関わっています。

作詞作曲は宇多田ヒカルが行っていますが、ライブやレコーディングでは今剛が参加しています。今剛はフュージョン系の音楽を手がける作曲家でスタジオミュージシャンです。日本歌謡界のあらゆるライブで演奏したり多数のレコーディングに参加しています。宇多田ヒカルのライブにも登場しており「Automatic」では今剛が独特なギターを演奏してファンを魅了していき、伝説のライブを創り上げています。

宇多田ヒカル・ギタリスト <出典:okmusic.jp>

宇多田ヒカルの音域はオクターブを越えています!

母親の藤圭子ゆずりの声帯を持つ宇多田ヒカルは、一般の人が出せないオクターブの領域まで発声することができます。

「FirstLove」では地声で2オクターブ必要と言われていますが、カラオケで一般の人が歌うと声が裏返ったり切れたりしますが、宇多田ヒカルは地声で普通に歌います。伝説の歌姫と言われる理由は難易度の高い歌も簡単にこなしてしまう所にあるといえます。

12枚目のシングル「COLORS」のサビ部分でも一般の人が苦労する部分ですが宇多田ヒカルは地声で歌いきってしまいます!

宇多田ヒカル <出典:topicks.jp>

伝説の宇多田ヒカルは子供の頃からすごかった!

アメリカ育ちの宇多田ヒカルは、小学校の頃あまりの頭の良さに2年飛び級しています。大学時代にも1年飛び級しているので、生まれながらの天才です。Twitterでは100万フォローを超えるほどの人気で、今でもファンの人気は衰えることなく伝説を引き継いでいます!

カテゴリー
コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

J-POPの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!