29,274 views


宝塚歌劇団の代表作『エリザベート-愛と死の輪舞-』。1996年に初演されて以降、様々な配役で何度も再演されてきました。

ハプスブルク家の皇妃・エリザベートと黄泉の帝王・トートとの恋物語を描いたこちらの作品。

エリザベートを暗殺したと言われる実在のイタリア人テロリスト“ルイジ・ルキーニ”は、ミュージカル『エリザベート』のなかでも主要なキャストの一人として、舞台でストーリーテーラー的な役割を担っていなっています。

このルキーニという役、宝塚歌劇団には、とあるジンクスがあるのです。

そこで今回は、ルキーニ役のジンクスを歴代のルキーニ役を振り返りながら紹介してい来たいと思います。


歴代ルキーニ役は?


まずは、歴代ルキーニを演じたタカラジェンヌをおさらいしましょう。

【1996年・雪組】轟悠


初演のルキーニを演じたのは、専科の轟悠さん。

轟悠さんのルキーニのハマりっぷりは、いまや伝説となっていますよね。本家ウィーンのキャストにも「宝塚は女性だけの劇団のはずなのに、ルキーニは男の人だよね?」と言われたほどでした。

【1996年・星組】紫吹淳


初演の成功を受けてすぐに再演が決まった星組公演。ルキーニを演じたのは、紫吹淳さんでした。

紫吹淳さんのルキーニといえば、とにかく“濃い”!一度見ると病みつきになってしまうことも。

【1998年・宙組】湖月わたる


3代目ルキーニは、湖月わたるさん。

“兄貴”や“漢”と形容されることが多かった湖月さんらしい骨太なルキーニでした。

【2002年・花組】瀬奈じゅん


花組版のエリザベートでは、瀬奈じゅんさんが演じました。

過去3回のルキーニに比べると爽やかな印象でしたが、“イケメンなルキーニ”と話題に。瀬奈さんはその後シシィ、トート、そして東宝版シシィ・・・と何度もエリザベートに出演しています。

【2005年・月組】霧矢大夢


5代目ルキーニは、霧矢大夢さん。

霧矢ルキーニは、歌も演技もダンスも出来る三拍子そろった実力派。とにかく安定感がありました。


2007年にルキーニを演じた音月桂さん。

もともと可愛らしいアイドル的な男役さんだったため、ルキーニ役は大きな挑戦となりました。

【2009年・月組】龍真咲

望海風斗出典:©宝塚歌劇団 ©宝塚クリエイティブアーツ/©阪急電鉄 花組公演『エリザベート-愛と死の輪舞-』特設サイトより
2009年版のルキーニを演じたのは、龍真咲さん。



龍さんのルキーニはかなり狂気に満ちた役作りでしたよね。ご本人もターニングポイントになった役だと語っています。

【2014年・花組】望海風斗

望海風斗出典:©宝塚歌劇団 ©宝塚クリエイティブアーツ 花組公演『エリザベート-愛と死の輪舞-』より
2014年の花組公演でルキーニを演じたのは望海風斗さん。



霧矢さんと同じく「実力派」と呼び声が高く、歌や演技はもちろん色気もあり、この役で一気にファンになってしまった!という方も多いのではないでしょうか。」

【2017年・宙組】愛月ひかる

望海風斗出典:©宝塚歌劇団 ©宝塚クリエイティブアーツ 宙組公演『エリザベート-愛と死の輪舞-』より
前回のエリザベートでルキーニを演じたのは、愛月ひかるさん。



お稽古場から濃いめのファンデーションにボーダーTシャツを着用するなど、気合が入っている様子が垣間見えました。当初こそ心配されていた愛月ルキーニでしたが、幕が上がるとビジュアルも演技も良く、好評を博しました。

ルキーニジンクスって?


エリザベート 宝塚 ルキーニ出典:©宝塚歌劇団 公式HP 月組公演『エリザベート-愛と死の輪舞-』より

ヅカファンの間で有名なルキーニジンクスとは、【ルキーニを演じるとトップになる】というもの。

歴代ルキーニ役を見ると分かると思いますが、2017年の愛月ひかるさんを除いて全員トップスターになっているのです!

今のところ100%の就任率。そのため、ルキーニの配役が発表されるとお祝いムードに。

そんなジンクスもあり、演じる方はよりプレッシャーが強くなってしまう、という一面もあります。

ここで気になるジンクスがもうひとつ。

それは、【ルキーニを新人公演で演じるとトップになれない】というもの。

今まで新人公演でルキーニを演じたキャストは、楓沙樹さん、朝宮真由さん、久遠麻耶さん、桐生園加さん、彩那音さん、大湖せしるさん、宇月颯さん、水美舞斗さん、和希そらさん。

なんと今まで一人もトップスターになっていないのです。

水美舞斗さんや和希そらさんには、ぜひジンクスを打ち破ってほしいものです・・・!

そして2018年月組版の新人公演でルキーニを務めた、風間柚乃さんもジンクスを破ってくれそうな予感たっぷり!

風間さんは、美弥るりかさんの休演にともない本公演でもルキーニを演じ、“研5とか嘘でしょ”や“上手すぎる”など大絶賛されていました。

現在公演中の月組ルキーニは?


現在公演中の2018年月組バージョンのルキーニは、3番手の月城かなとさんが演じています。

月城かなと出典:©宝塚歌劇団 ©宝塚クリエイティブアーツ 宙組公演『エリザベート-愛と死の輪舞-』より

歌、演技と実力派な男役さんですが、少し真面目な印象が強い月城さん。今回の配役はご本人にとっても飛躍のチャンスとなったのではないでしょうか。

役作りとしてはかなり狂気に満ちたルキーニ。

特にセリフのないシーンでの演技がすごい!と話題になっています。白眼をギラギラさせたり、爪を噛んだり…ひとつひとつの表情に注目です。

また、黒塗りもよく似合い、カフェのシーンの衣装も色気があって素敵。ビジュアル面でも完璧と言って良いでしょう!

月城かなと出典:©宝塚歌劇団 公式Youtubeチャンネル『月組公演『エリザベート-愛と死の輪舞(ロンド)-』初日舞台映像(ロング)』より

毎回話題の『エリザベート』をお見逃しなく!


エリザベート 宝塚 ルキーニ出典:©宝塚歌劇団 公式HP 月組公演『エリザベート-愛と死の輪舞-』より


何度再演されても、話題が尽きない『エリザベート』。

ファンの間で有名なルキーニジンクスについてご紹介しました。キャストもそれぞれ個性のある役作りなので、比較して観るのも面白いですよ。

今回ルキーニ役を演じる月城かなとさん、新人公演の風間柚乃さんの演技もお見逃しなく!

著者:nanami

1 / 1

この記事をみんなにシェアする

宙組の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!