トレタメ記事内画像について


42,007 views

ゆるふわだけど、やるときはやる!それが小野大輔と近藤孝行のDATちゃんコンビ!

全員が1978年の午年生まれで結成された同い年の男性声優7人組のユニット「DABA(Dは反転)」。そのメンバーでもありながら、「小野大輔・近藤孝行の夢冒険 Dragon&Tiger(通称DDT)」でパーソナリティーを務めているのが、小野大輔さんと近藤孝行さんです。

まんさい 小野大輔

DDTでは、同ラジオの番組のOP・EDを歌うため音楽ユニット「D.A.T」を結成し、積極的に音楽活動を行っています。

今ではすっかり定着した小野さんの有名なあだ名「小野D」は近藤さんが付けたんだとか。今回はそんな付き合いの長い二人の仲良しエピソードをご紹介します!


仲良しすぎて時には照れちゃうのが通常営業です



同い年として長く交友関係にある二人のラジオDDTでは、毎回どれほど二人が仲良しかが痛いほど伝わってきます。

放送3年目となった2013年の106回目の放送では、ラジオ開始3年目を記念しお互いに向けて手紙を書くコーナーが放送されました。とはいうものの、手紙全てを二人に任せるとお互いに照れてふざけてしまうということでお互いへの手紙は予め作られたテンプレートの空白を自分たちで穴埋めする方式に。

まずは小野さんから近藤さんへの手紙。このラジオが放送決定した際小野さんは、「夢がかなった!」と感じたそう。友人であり仲間でもある近藤さんとのラジオは、小野さんにとってとても嬉しい出来事だったようです。

近藤さんに向けた手紙では他にも、近藤さんと初めて一緒にごはんを食べに行った記憶を問われていましたが小野さんは全く覚えておらず、近藤さんに後から訂正されるはめに。

近藤さんいわく初めて一緒にご飯に行ったのは、小野さんに「悩み相談聞いてくれよ」と言われて食べに行ったラーメン屋。そしてそこで明かされた悩みはなんと、「近ちゃんみたいにキャーキャー言われる声優になるにはどうしたらいいんだろう」という可愛い悩み。こちらも小野さんは全く覚えておらず、「悩み浅!!言ってねーよ!!」と素で照れまくり。

先ほどの悩みについては全く記憶がなかった小野さんでしたが、「現場にいる時の近ちゃんの居方(雰囲気のこと)いいよね」とは言った覚えがあるようで、「今なら、凛としてる、華やかな感じでちゃんと自分を持ってるって言えるのに…」と付け足し。小野さんは初めて一緒にご飯に行った頃から近藤さんに憧れや尊敬の気持ちを持っていて、その気持ちは今も変わらないようです。

夢冒険 106

次は近藤さんから小野さんに向けての手紙。二人の仲が縮まったのは海外ドラマ「glee」の吹き替え現場で共演した時だと打ち明けました。また、小野さんのいいところは「周りの人へ細かい気遣いができる」「何より相手のことを頭ごなしに否定しない」「相手のことをすごく尊重する」と、とにかくべた褒め!

またも照れまくる小野さんに、人のいいところを言うのに照れる必要はないと近藤さんがサラリ。これに対して「かっこいいねー!」と投げかける小野さんに、最後はさすがに照れてしまった近藤さんでした。

小野さんと近藤さんがお互いを尊重しあっている様子は、二人がとても仲が良いからこその気持ちの現れとも言えるでしょう。通常のラジオ放送でも、二人がお互いを褒め合っている姿は日常茶飯事。

お互いを褒め合って、時には照れる、でも褒める。小野さんと近藤さんは外から見てもお互いを尊重しあっているのが伝わってくるほど素敵な関係なのです。


1 2>>

1 / 2

コメントを見る

1 件のコメント

  • センヤ より:

    この二人って、見ていて微笑ましい!
    いつも癒されてます。
    大好きです。

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事をみんなにシェアする

声優の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!