ゆるふわだけど、やるときはやる!それが小野大輔と近藤孝行のDATちゃんコンビ!

D.A.Tはこの二人だからこそ成立している!


出典:youtube ©マリン・エンタテインメント
D.A.T BEST ALBUM 『SUITE』 MV視聴映像(小野大輔さん、近藤孝行さん) #dat より

DDTから派生したユニットD.A.T。ファンからは「だっとちゃん」と呼ばれ親しまれており、こちらでの活動も二人の仲の良さが十分に発揮されています。

小野さんはD.A.T以外でも個人名義で音楽活動をしていますが、D.A.Tでは小野さん個人での音楽活動以上にハードなダンスを披露。D.A.Tの楽曲は多くがアップテンポなダンスナンバーであり、ライブや楽曲のPVでは小野さんと近藤さんのかっこいいダンスパフォーマンスが見られます。

最初のシングル「VS」から小野さんと近藤さんが対になるダンスのフリが随所にあるD.A.Tのダンス。二人のダンスは新曲のたびに激しさと難易度を増し、それに合わせて求められるのは「二人がどれだけ息のあったダンスが見せられるか」。

二人はライブやPV撮影があるたびに本業の合間を縫って猛練習を重ね、特に近藤さんは以前と比べると10キロほど体重を落とし、さらに練習のしすぎで肉離れをおこしたこともあるほどストイックに練習。そのかいもあってか、毎年D.A.Tが出演する「MARINE SUPER WAVE LIVE」ではこの課題を見事にクリアし、息ぴったりのパフォーマンスを披露してお客さんを魅了。

以前行われたワンマンライブのMCでは、お前とじゃなかったらコンビを組んでいなかったよ!というニュアンスの話をとっさに小野さんが言い放つ場面もあったそう。

普段は二人の人柄がわかるようなほんわかトークが多い小野さんと近藤さんですが、D.A.Tで見せる男らしいパフォーマンスはまさに圧巻。やるときはやる!というこのギャップに魅力を感じる人も少なくないのではないでしょうか?

[next_heading title=二人のいつまでも変わらないほんわかさに癒やされて]