映画館ポイントカードを比較してみた!お得に映画を見る方法!


164 views

世界一高いと言われる日本の映画料金。大人であれば1回1800円前後かかります。それに加えて飲み物やポップコーンなどの軽食、好きな作品であればグッズも欲しいところ。そうなると1度の映画鑑賞で結構な額がお財布から飛んでいくことになりますね。消費増税の影響で今後さらに映画料金が高くなることも予想されます。

そこで、少しでもお得に映画館で映画を見るために各映画館のポイントカードを作ることを是非オススメさせて頂きたい!大手シネコンの殆どが独自のポイントカードを発行しています。それぞれの特典を比較できるよう今回は全国にも映画館の多いシネコンのポイントカードを紹介!皆さんの自宅や会社の近くの映画館はどこでしょうか?話題のあの映画を見てポイントを貯めよう!


109シネマズ/シネマポイントカード



入会手数料:1,000円
年会費:無料

楽天Edyが付帯している109シネマズのポイントカード。楽天edyを利用すれば楽天スーパーポイントも貯めることができます。こちらのカードは、有料で1回鑑賞につき1ポイント、入会特典で2ポイント付与されるシステム。6ポイントにつき1回無料鑑賞、3ポイント利用で1200円で鑑賞可能となります。

さらに、毎週火曜日のポイントカードデイ(1200円で鑑賞可能)毎月19日の会員感謝の日(1300円で鑑賞可能)があります。会員には特別試写会の案内が送られる特典も。

詳しくはこちら
109シネマズ公式サイト

TOHOシネマズ/シネマイレージ®カード



入会手数料:500円
更新料:300円
※クレジット機能無しの場合

IMAXや4Dの体感型シートにも力を入れているTOHOシネマズ。アトラクションのような体感を味わいたいと思っている方も多いのではないでしょうか。TOHOシネマズのポイントカードは上映時間1分=1マイルのマイレージ制貯まったマイルでポップコーンやドリンクと交換できたり、各映画の豪華プレゼントキャンペーンに応募することができます。

他の映画館のポイントシステムと同じように、6回の鑑賞で1回無料の「スタンプラリー」制度がある他、インターネットでチケットの早期購入ができるなどの特典があります。インターネットで事前に申し込みをしておけば、劇場で待たずにポイントカードが受け取れるのでそちらも便利。クレジット機能が付帯しているカードは更にお得になっています。

詳しくはこちら
TOHOシネマズ公式サイト




テアトルシネマグループ/TCGメンバーズカード



年会費:1,000円

テアトル、シネ・リーブル、ヒューマントラストシネマなどの映画館を運営するテアトルシネマグループ。TCGメンバーズカードはグループの映画館全てで利用できる会員カードです。ポイントは貯まりませんが、いつでも映画が1300円になるという特典。更に、火曜日と木曜日は1000円で鑑賞可能。入会特典として、即時利用できる「1000円で映画が観れる割引優待券」がもらえます。

カードの登録は「名前を記入するだけ」というスピーディーなものなので、是非会員になることをオススメします。

詳しくはこちら
テアトルシネマグループ公式サイト


ユナイテッドシネマ・シネプレックス/CLUB-SPICEカード



入会手数料:500円
更新料:500円

ユナイテッドシネマとシネプレックスの双方で利用できるのがCLUB-SPICEカード。映画1回につき1ポイントが貯まるポイント制となっていて、6ポイントが貯まると映画が1回無料で見ることができます。6ポイントを貯めるのは中々大変という方でも、2ポイント利用で1000円に割引される特典もあるので状況によってポイントの使い分けができます。またいつでも大人は料金の300円引きとなり、毎週金曜日の会員デーでは1100円で映画鑑賞が可能です。

更新特典として総額500円の売店クーポンや映画割引券を貰うこともできます。

詳しくはこちら
ユナイテッドシネマ公式サイト

まとめ

以外と見落としていたかもしれない「映画館のポイントカード」。最近はHuluやNetflixなどの配信サービスもあり映画館に足を運ぶ機会も少なくなった人も多いと思います。しかし、映画館ならではの魅力があることは言うまでもありません。「いつも近所の同じ映画館に行っている」「お気に入りの映画館がある」と言う方は是非会員になって更にお得に映画鑑賞を楽しんでくださいね。


1 / 1

この記事をみんなにシェアする

おでかけの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!