SEVENTEENの元気玉!ドギョムのプロフィール

今をときめく新人アイドル”SEVENTEEN(セブンティーン)”、略してセブチ!
そんな期待のニューホープの中で二大メインボーカルの一人、ドギョムについて詳しくご紹介しちゃいます♬

ドギョム <出典:http://www.instiz.net/pt/2983305>

セブチのドギョムってどんな人?名前の由来は・・・?

ドギョムの本名はイ・ソクミン(이석민)、1997年2月18日生まれで血液型は世界的に珍しいRH-O型。
身長は179cm、体重は66kg、靴のサイズは28.0mmです。京畿道 龍仁市 水枝区出身で、趣味は映画鑑賞と唄を歌うこと。
現在の所属事務所であるpledis(プレディス)に入所する前は、YP音楽アカデミーの学生で、アイドルになりたいというよりは歌で人の心を震わせられるような仕事に就きたいと漠然とした夢を抱くごく普通の少年でした。

ドギョム <出典:http://onehallyu.com/topic/181432-official-seventeen-lee-seokmindk-이석민-thread/page-2>
芸名である「ドギョム」は、様々な方面で活躍する多芸多才な人になるという決意が込められており、音楽の道も開きたいと野心を燃やしています。

ドギョムの入所の理由は・・・?

俳優のカン・ハヌルのようなビジュアルから、ファンの間で“3秒カン・ハヌル”(パッと見だけカン・ハヌルに見えることから)と呼ばれるドギョム。
そんな彼の入所理由、また歌手を志した理由は、ロールモデルであるユン・ドヒョン先輩とムン・ミョンジン先輩のステージを見たことだったそう。
ユン・ドヒョン先輩のステージを見て歌手になりたいと思ったドギョムは、後にムン・ミョンジン先輩の真心がこもったソウルフルな歌を聴き完全に魅了され、多くの人に心で歌った歌を聴かせたいとPledisの練習生になりました。

イ・ソクミン <出典:https://dailykpopupdates.wordpress.com/kpop-profile-2/seventeen/>
ドギョムは同じセブチのメンバーであるスングァンとメインボーカルの二大の塔的存在で、ボーカルラインを支えています。
「SEVENTEENとして大衆に認められ、ボーカリストとしても認められたい。努力だけが生きる道だ。」と話す彼は、力強くパワフルなボーカル。
伸びのあるクリアですっきりとした歌声が、聴いていて気持ちの良いボーカルです。
一方メインボーカルのスングァンは感情を込めた暖かな歌声が魅力のボーカルで、2人の声が混ざり合った時の心地よさは今まで聴いたことのない感動を呼びます。
お互いにタイプが違うからこそ、セブチのボーカルは相互にたくさんのことを学び合い、高め合うことが出来るのでしょう。


そんなドギョムのあだ名は「内蔵ボイス」です。メンバーたちが歌の練習をする時、うるさくてまるで拡声器みたいだと「内蔵ボイス」と名づけました。
腹の底から出る声量がとても10代とは思えない完成度で、マイクを通さなくても遠くまで響き渡る歌声は圧巻です。
ドギョムは中学生の頃によくカラオケに行ったのですが、友人から歌が上手いと褒めてもらえるのが嬉しかったそう。
その時から学校でギターを弾く友達がいれば、それに合わせて歌を歌いながら遊んでいたようで、歌の上手さは生まれつきだったようですね。
ちなみに、カラオケの18番はYBの「ペパーミント・キャンディー」だそうです(笑)

絶対的ボーカル・ドギョムの性格は?

ドギョムはSEVENTEENの元気玉のような存在。言うならば、太陽のように明るく輝く人で、いつもみんなを元気づけています。
SEVENTEENのメンバーには最後の方に加わったため、初めは不安と孤独を感じていたそうですが、すぐに皆と打ち解け仲良くなった人見知りなしのコミュ力は素晴らしいものが・・・。
人を助け、希望を与えられる人になりたい

ドギョム <出典:http://www.scoopnest.com/kr/user/topstarnews/613612031413997568>
自分についてドギョム本人は「元気だけど繊細なところがある。好きなことに対する情熱は凄まじく、歌に対しては向上心と欲がつきまといます。」と話し、自分の好きなところについては
「いつも楽しく過ごしていて、他人を楽しませようとするところ」なんだそう。

ドギョムはわざと笑わせようとする必要がないくらい、心身にギャグ感覚が備わっているらしく(?)、何もせずとも彼の側にいる人が笑い出すらしいです。
とにかく明るくてポジティブで予想を上回るおかしな行動からいつも周りを笑わせている、明るく優しいドギョムなのでした。


そんな彼の理想の女性のタイプは、色白で脚がすらりと長く、黒いロングヘアが似合う愛嬌のある人。そして、その黒髪からほんのりシャンプーの香りがすればベストなんだそう(笑)
なかなか理想が高いですが、女性に対して夢を見がちなお年ごろ!ということでお許しください。
今は彼女を作ることよりメンバーと一緒にいること、そしてファンと一緒にいること、友達との時間が一番幸せなドギョム。
今後も様々な楽曲で魂が震えるようなパワーボーカルを響かせてくれるであろう彼の今後の活躍に、ぜひ注目していきましょう!

タグ SEVEN TEEN
コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

K-POP・韓流の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!